このページの本文へ移動

加太保育園野外体験保育(令和元年8月)

公開日 2019年09月02日

最終更新日 2019年09月02日

野外体験保育って?

 野外体験保育とは、野外を中心に、地域の自然を活用する体験活動を取り入れた保育や幼児教育をいいます。

 加太保育園は、亀山市西部の山間の集落内にある自然環境にあふれ、子どもたちが里山で学び育つちっちゃい保育園です。保育園の周りにある豊かな自然環境を活用して、子どもたちが地域の人々や自然と触れ合う活動を積極的に取り入れ、こころもからだも健康で感受性豊かに生きぬいていく力を養うことを目指しています。

  野外体験保育2年間(平成29・30年度)の活動内容をパンフレットにまとめましたのでご覧ください。

パンフレット 表紙 野外体験パンフレット[PDF:4MB]  

(今月の記事)
・令和元年8月23日(金)地域の人たちと楽しい夏まつり
・令和元年8月29日(木)かぶとの森テラスの川遊びも最高!
 

令和元年8月29日(木)かぶとの森テラスの川遊びも最高!

滝修行だ! かぶとの森

かぶとの森水たまり   自然の滑り台

初めて行った”かぶとの森テラス”は、大自然の中、マイナスイオンに包まれていました。

いつもと違う川に大興奮の子どもたちは、水をかけ合ったり、浅瀬で寝転んだりして大はしゃぎでした。

子どもたちは、自然の中で五感をしっかりと使っています。水が滝のように流れているところでは、「音がすごい!」「この音好き!」と言ったり、手で水を受け止めて「(水が)重い~!」と言ったりして、子どもたちの感性には驚かされます。自然の中で育つ感性を大切にしていきたいと思っています。

最後に、年少・年中児だけで川探検に行きました。少し上流の方に行くと、大きな岩で自然にできた滑り台を発見!「楽し~い!」と何度も何度も繰り返し楽しむ子どもたちでした。

 

令和元年8月23日(金)地域の人たちと楽しい夏まつり

竹切り   竹運び

節取り   流しそうめん

地域の方のご協力を得て、流しそうめん用の孟宗竹をみんなで取りに行きました。年中組は、のこぎりを使って竹を切ったり、のみで節を取ったりする作業を地域の方に教えていただき、貴重な経験をしました。

夏まつり当日も、地域の方が竹を組み立ててくれたり、かき氷を作ってくれたりして、心に残る楽しい夏まつりとなりました。

 

これまでの活動

月別活動ページへのリンク一覧

令和元年度

平成30年度 平成29年度









令和元年7月
令和元年6月
令和元年5月
平成31年4月

平成31年3月
平成31年2月
平成31年1月
平成30年12月
平成30年11月
平成30年10月
平成30年9月
平成30年8月
平成30年7月
平成30年6月
平成30年5月
平成30年4月
平成30年3月
平成30年2月
平成30年1月
平成29年12月
平成29年11月
平成29年10月
平成29年9月
平成29年8月
平成29年7月
平成29年6月
平成29年5月
平成29年4月

 

お問い合わせ

子ども未来課 加太保育園
住所:〒519-1129 三重県亀山市加太板屋4620
TEL:0595-98-0134
FAX:0595-98-0134

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード