このページの本文へ移動

加太保育園野外体験保育(令和2年6月)

公開日 2020年06月30日

最終更新日 2020年06月30日

野外体験保育って?

 野外体験保育とは、野外を中心に、地域の自然を活用する体験活動を取り入れた保育や幼児教育をいいます。

 加太保育園は、亀山市西部の山間の集落内にある自然環境にあふれ、子どもたちが里山で学び育つちっちゃい保育園です。保育園の周りにある豊かな自然環境を活用して、子どもたちが地域の人々や自然と触れ合う活動を積極的に取り入れ、こころもからだも健康で感受性豊かに生きぬいていく力を養うことを目指しています。

  野外体験保育2年間(平成29・30年度)の活動内容をパンフレットにまとめましたのでご覧ください。

パンフレット 表紙 野外体験パンフレット[PDF:4MB]  

(今月の記事)
・令和2年6月1日(月)アカハライモリってかわいいね!
・令和2年6月8日(月)田植えをしたよ!
・令和2年6月10日(水)梅をたくさん採ったよ!
・令和2年6月11日(木)マスクをいただいたお礼をしました!
・令和2年6月17日(水)色とりどりのアジサイ畑

 

令和2年6月17日(水)色とりどりのアジサイ畑

  アジサイの季節になりました。町のあちらこちらでいろいろな色のアジサイを見掛けるためか、子どもたちもアジサイをよく知っています。
 そんな中、地域の方が育てているアジサイ畑を見学させていただきました。

きれいなあじさい   いろいろなあじさい

 紫色、水色、ピンク色と、アジサイの種類によっても色の濃淡が違います。子どもたちは自分の背より高いアジサイの間を通りながら、「いっぱいだねー」、「このアジサイがいい!」と言い、花の美しさを満喫していました。

あじさい畑

  お土産に両手いっぱいのアジサイの花束を持ち帰ることができ、大喜びの子どもたちでした。

 

令和2年6月11日(木)マスクをいただいたお礼をしました!

 5月の末に、地域の方からコロナ対策として、園児一人ひとりに手作りマスクをいただきました。とてもうれしかったのでお礼をしようと、その方を園にお招きしました。

お礼に玉ねぎを 玉ねぎ収穫しました

 感謝の手紙と共に、子どもたちが心を込めて育てた玉ねぎをプレゼントしました。「この玉ねぎを食べるとコロナウイルスに負けません」というメッセージを添えた玉ねぎです。

一緒に体操したよ 

 地域の方と一緒に体操をして、楽しい時間を過ごしました。
 新型コロナウイルスがきっかけで、このように地域の方とふれ合えたことはうれしいことでした。
 後日その方から、今度は手作りのままごと用のおんぶひもをいただきました。おかげさまで、子どもたちの大好きなままごと遊びが盛り上がっています。ありがとうございました。

おんぶ紐いただきました  ままごと大好き 

 

 

令和2年6月10日(水)梅をたくさん採ったよ!

 今年も、地域の方の梅林で梅を採らせていただきました。木に登ったり、保育者に抱っこをしてもらったりしながら、大きなみずみずしい梅をたくさん収穫しました。

梅いっぱい   梅採ったよ

 「あそこにまだあるよ」、「先生、抱っこしてー」と言い、子どもたちはワクワクしながら梅を探していました。

 毎年園では、採った梅で梅ジュースを作っています。「おいしい梅ジュースができるといいね」と毎日びんを眺めている子どもたちです。
 今年は、子どもたちが家に持ち帰った梅で梅ジュース作りに挑戦されている家庭もあり、楽しみが広がっています。

梅シロップ

 

令和2年6月8日(月)田植えをしたよ!

 園の前の学習田が、名阪国道の工事の都合で、今年度のみ場所が変わりました。新型コロナウイルスの影響で、今年度は加太小学校との合同作業にはなりませんでしたが、地域の方の指導の下、年長児が田植えを経験しました。

田植え   田植えしたよ

 子どもたちは一列に並んで、苗の列をまっすぐにするために隣をよく見ながら慎重に植えました。足がズボッと泥の中に入っていく感触が気持ち良さそうでした。

田植え後足洗い

 指導をしてくださった地域の方は、「みんなの足音がお米の栄養になるのだよ。だから時々田んぼを見に来てね!」と話されました。秋の餅つきや春の桜餅作りのために、おいしい餅米ができますようにとみんなで願っています。

 

令和2年6月1日(月)アカハライモリってかわいいね!

 園の近くの田んぼのそばの水たまりにアカハライモリがいることを、地域の方が教えてくれました。何匹いたでしょうか、数えきれないくらいたくさんいました。

イモリがいっぱい

 「わー、イモリがいっぱい!」、「つかまえたい!」と言い、子どもたちは興奮気味でした。たくさんのイモリをタモですくって園に持ち帰りました。

イモリさわれるよ

 子どもたちは、「背中は黒いけど、おなかは赤いね」、「にゅるにゅるしてるよ」と言いながらイモリを触り、じっくりと観察をしていました。

イモリのおへや

 初めは怖くて触れなかった子が、少しずつ触れるようになりました。乾燥イトミミズのえさをパクパク食べる姿を見ることが楽しく、イモリは園の人気者です。

 

  これまでの活動

月別活動ページへのリンク一覧
令和2年度

令和元年度

平成30年度 平成29年度











令和2年5月
令和2年4月

令和2年3月
令和2年2月
令和2年1月
令和元年12月
令和元年11月
令和元年10月
令和元年9月
令和元年8月
令和元年7月
令和元年6月
令和元年5月
平成31年4月

平成31年3月
平成31年2月
平成31年1月
平成30年12月
平成30年11月
平成30年10月
平成30年9月
平成30年8月
平成30年7月
平成30年6月
平成30年5月
平成30年4月
平成30年3月
平成30年2月
平成30年1月
平成29年12月
平成29年11月
平成29年10月
平成29年9月
平成29年8月
平成29年7月
平成29年6月
平成29年5月
平成29年4月

 

お問い合わせ

子ども未来課 加太保育園
住所:〒519-1129 三重県亀山市加太板屋4620
TEL:0595-98-0134
FAX:0595-98-0134

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード