このページの本文へ移動

みえ森と緑の県民税市町交付金事業について

公開日 2014年12月18日

 三重県では、平成26年度に「みえ森と緑の県民税」を導入したことから、市では、平成30年度までの5年間で「災害に強い森林づくり」と「県民全体で森林を支える社会づくり」の中の5つの事業を中心に取り組んできました。県民の安心・安全な暮らしを守るために、令和元年度以降も一部の内容を見直し、「みえ森と緑の県民税」が継続されることとなりました。このことから、市は新たに3つの事業に取り組み、市民の住居区域での安全・安心の確保、里山森林と共生する意識の醸成を図り、生活基盤を向上に努めます。

1.暮らしに身近な森林づくり

  暮らしに身近な里山・竹林環境整備事業

 事業実施期間:令和元年度から令和5年度まで

 地域で実施する危険木の伐採や里山・竹林の整備を行う団体への活動に対して支援を行います。

里山

令和元年度ウッドチッパー貸出事業

竹伐採状況(昼生地区まち協)[PDF:843KB]

事業実績(昼生地区まち協)[PDF:502KB]

 

 集落周辺の森林の整備事業

 事業実施期間:令和元年度から令和5年度まで 

 公共施設周辺の危険木や道路上に覆いかさぶった枝木等を伐採、剪定します。伐採や剪定により危険木を除去することで、市民の安心・安全に努めます。また、伐採した危険木は放置せずチップ工場へ搬出し、木質バイオマスの燃料として活用します。

危険木

 

2.森を育む人づくり

  森と木材のふれあい事業

 事業実施期間:令和元年度から令和5年度まで

 森林とふれあいながら、森林や緑を大切に思い、育む人づくりのため、さまざまな市民に、森林や木材について学び・ふれあう機会を提供し、森林と木材と市民との関係を深めます。

(1)まちのきこり人育成講座を開催し、地域の里山を保全していく「まちのきこり人」を育成します。

きこり

令和元年度のまちのきこり人育成講座「目指せ!森の名手」を10月5日、6日に開催しました。

森の名手(令和元年度開催報告)[PDF:6MB]

令和2年2月29日にかめやまの林業と楽しい木工工作を開催しました。

かめやまの林業と楽しい木工工作[PDF:644KB]

(2)園児たちが、日頃から木材や木製品にふれあい、木への親しみや木の文化への理解を深め、木材の良さや利用の意義を学ぶ環境を創ります。

保育園

森の学校屋内編「木材とふれあう」を市立亀山東幼稚園で開催しました。

東幼稚園[PDF:698KB]

令和元年度に実施した取組み事例

森の学校屋内編(第一愛護園)[PDF:1MB]

森の学校屋内編(亀山幼稚園)[PDF:1MB]

(3)地域の宝である「地域資源(森林等)」をみんなで守るため、多様な主体が森林とふれあう場を創出し、次世代につなげます。

山の日

鈴鹿川等源流の森林づくり協議会が、第4回サマ―フォレストinやまびこを森林公園やまびこで開催しました。

第4回サマ―フォレストinやまびこPDF[PDF:2MB]

鈴鹿川等源流の森林づくり協議会が、東海自然歩道清掃活動(鈴鹿峠の歴史と自然を感じてみよう!)を開催しました。

東海自然歩道清掃活動PDF[PDF:2MB]

鈴鹿川等源流の森林づくり協議会が、「リースづくりと棚田米でおにぎりを作ろう」を開催しました。

リースづくり[PDF:964KB]

過去に市が実施した取り組み事例(平成26年~平成30年)

1.暮らしに身近な森林づくり

 1)里山・竹林生活環境保全支援事業

里山・竹林生活環境保全支援事業[PDF:506KB]

 2)安全な通学路整備事業

安全な通学路[PDF:388KB]

 3)鈴鹿川等源流域再生事業(環境林整備事業)

鈴鹿川等源流域再生事業(環境林整備事業)[PDF:335KB]

2.森を育む人づくり

 1)森と木材のふれあい事業

森と木材のふれあい事業[PDF:881KB]

森の講座[PDF:881KB]

森の学校屋内編[PDF:604KB]

親子木育教室[PDF:436KB]

森の学校屋外編(加太保育園)[PDF:1MB]

かめやまの木づかい支援事業[PDF:457KB]

3.木の薫る空間づくり

 1)鈴鹿川等源流域再生事業(木質バイオマス利用促進事業)

鈴鹿川等源流域再生事業(木質バイオマス利用促進事業)[PDF:109KB]

4.地域の身近な水や緑の環境づくり

 1)緑あふれるまちづくり支援事業

緑あふれるまちづくり支援事業[PDF:522KB]

お問い合わせ

産業建設部 産業振興課 森林林業グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5068
FAX:0595-82-9669

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード