このページの本文へ移動

軽自動車税とは

公開日 2018年02月05日

軽自動車税は、毎年4月1日現在で原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車等を所有又は使用している方に課税されます。よって4月2日以降に廃車手続きをされても、その年度の税金は課税されます。

軽自動車等を廃車、名義変更または住所変更したときは、必ず手続きしてください。

軽自動車税の種類とその税額

地方税法の改正に伴い、軽自動車税の税率が平成28年度課税分より下記の表のとおり変更になりました。

原動機付自転車、二輪車および小型特殊自動車

軽自動車税税額表1(PDF)

軽自動車税税額表1(Excel)

三輪および四輪以上の軽自動車

平成28年度より平成27年4月1日以後に最初の新規検査(※1)を受けた車両について税額が引き上げられました。(軽自動車税税額表2(B))

ただし、軽自動車税の賦課期日が4月1日であるため、平成27年4月1日に最初の新規検査を受けた車両については、平成27年度より軽自動車税税額表2(B)の税額が適用されます。また、グリーン化を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した車体については、重課税率が適用され軽自動車税税額表2(C)の税額となります。

(※1 最初の新規検査とは、自動車検査証の「初年度検査年月」欄に記載されている初めて車両番号の指定(ナンバープレート交付)を受けた年を指します。自動車検査証の「初年度検査年月」欄に記載されている「月」が不明である場合は記載されている年の12月とします。)

軽自動車税税額表2(PDF)

軽自動車税税額表2(Excel)

※注意※

平成27年4月1日以後に購入した中古車においては、新車として発売された年(最初の新規検査)から13年を経過するまでは軽自動車税税額表2(A)の税額となり、13年を経過すると軽自動車税税額表2(C)の重課税率が課されることとなります。そのため、中古車を購入して13年経っていない場合でも、最初の新規検査から13年を経過していれば、重課税率が適用されます。

グリーン化特例(軽課)

 平成29年度税制改正によって、軽自動車税のグリーン化特例(軽課)が適用範囲の見直しを行った上で2年間延長されました。これにより、平成29年4月1日~平成31年3月31日に新規取得した三輪、四輪の軽自動車で、次の基準を満たす車両について、取得の翌年度分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

軽自動車税税額表3(PDF)

軽自動車税税額表3(Excel)

お問い合わせ

税務課 市民税グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5011
FAX:0595-82-9684

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード