このページの本文へ移動

みんなで防ごう高齢者虐待

公開日 2016年04月01日

高齢者虐待はわたしたちの身近にある問題です

一人で、または家族だけでがんばり過ぎていませんか?
高齢者の介護や養護は、考える以上に心身に負担がかかります。
介護疲れ、相談相手がいないことによる孤立感や生計に対する不安など、さまざまな要因が重なり合い、虐待につながってしまいます。

 

体はもちろん、心を傷つけること、世話をしないことも虐待です

  • 身体的虐待・・・殴る、蹴る、ベッドに縛るなど
  • 心理的虐待・・・暴言や無視、嫌がらせなど
  • 介護や世話の放棄・放任・・・劣悪な環境で放置する、必要な介護サービスを受けさせないなど
  • 経済的虐待・・・本人のお金を無断で使うなど
  • 性的虐待・・・本人のいやがる性的な行為をするなど

 

「もしかして虐待?」と感じたら

高齢者虐待に気づいたときは、速やかに、亀山地域包括支援センター「きずな」(外部ページへリンクします)または健康福祉部 長寿健康課 高齢者支援グループ に連絡してください。早期に発見することで、虐待の深刻化を防ぐことができます。
また、介護者が疲れやストレスを感じているようであれば、積極的に声を掛けましょう。高齢者や介護者が孤立しないよう、地域で見守ることが大切です。

 

気がかりなことがありましたら

ためらわずに亀山地域包括支援センター「きずな」(外部ページへリンクします)(電話0595-83-3575)へご連絡ください。  

秘密は厳守します。

高齢者虐待防止チラシ[PDF:294KB]

     

お問い合わせ

健康福祉部 長寿健康課 高齢者支援グループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3312
FAX:0595-82-8180

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード