このページの本文へ移動

東日本大震災で被災され、避難されて来られた方々へ

公開日 2014年11月23日

医療機関を受診するときの一部負担金の免除について

以下の方については、医療機関の窓口負担(一部負担金)が免除されます。
(窓口負担が免除となるのは、平成25年9月30日診療分までです。)

  1. 住宅が全半壊、全半焼の被災をした方
  2. 主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った方
  3. 主たる生計維持者が行方不明である場合
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止・休止した方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方
  6. 東京電力福島原発の事故に伴う政府の「警戒区域」、「計画的避難区域」及び「緊急時避難準備区域」に関する指示の対象になっている方
    従来の「屋内避難指示」の対象となっていた方
  7. 特定避難勧奨地点に居住しているため、避難を行っている方

※上記の取扱いについては、今後変更又は追加される可能性があります。詳しくは国民健康保険グループ(TEL:84-5006)までお問い合わせください。

平成23年7月1日から医療機関の窓口での取扱いについて

  • 原則として被保険者証の提示が必要となります。
  • 被保険者証を紛失された方は、加入している保険者に連絡し、再交付を申請してください。
  • 免除証明書を提示した方のみ、窓口負担が免除されます。
    現在窓口負担が免除されている方は、加入している医療保険の保険者に連絡して、免除証明書の申請をしてください。

※ただし、以下の市町村国保にご加入の方は、右欄の日から免除証明書の提示が必要となります。

 

県名

市町村名

提示が必要となる日

岩手県

宮古市、大船渡市、陸前高田市、大槌町、山田町

平成23年8月1日

宮城県

女川町

平成23年10月1日

南三陸町

平成23年9月1日

福島県

田村市、南相馬市

平成23年8月1日

広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯館村

免除期間終了まで

免除証明書は不要

国民健康保険税(料)の減免について

 ・被災された方は、国民健康保険税(料)が減免される場合があります。詳しくは、加入の保険者(市町村)までお問い合わせください。

地震発生後、被災地域から亀山市等他の市町村に転出された方も該当します。
詳しくは、転出先の市町村にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

生活文化部 市民課 国民健康保険グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5006
FAX:0595-82-1434