このページの本文へ移動

市長のメッセージ

公開日 2020年03月10日

市民の皆様へ

 

世界規模で感染拡大が続く「新型コロナウイルス感染症」については、国内でも多数の感染報告がされる中、健康被害のみならず社会経済活動への影響が深刻化しつつあり、感染流行の早期終息が強く求められるところであります。

この状況を踏まえ、政府は2月25日に基本方針を決定し、「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要な時期」とした上で、イベント等の開催について、その必要性を改めて検討するよう要請を行いました。その後27日には、全国の小中学校等を一斉に臨時休校とする要請が行われました。

こうした中、本市では、1月29日の「新型肺炎連絡調整会議」、2月6日の「新型コロナウイルス感染症対策推進会議」の設置以来、迅速かつ的確な情報把握をはじめ市民の皆様に対する情報提供と注意喚起、長寿健康課への相談窓口の一元化、公的施設等への消毒液・マスクの配布、さらには本市主催の開催イベントの開催基準を設けるとともに一部イベントを中止するなど、感染拡大防止に鋭意努めてまいりました。また、鈴鹿保健所や亀山医師会と情報共有を行い、万一市内で患者が発生した場合の対応等についても、県・市・医師会等の連携支援体制を整えております。

また、国の要請を受け、児童生徒への感染を未然に防止するため、本市においても今月2日から学期末終業日の3月25日まで、市内の小中学校・幼稚園を臨時休校とする措置を講じたところであります。一方これに合わせ、共働き家庭など家庭への影響を鑑み、市内の放課後児童クラブに対して開設時間の拡充等をお願いし、21ヵ所すべてのクラブにおいて午前中からの受入れ拡大を行っていただいております。さらに、春休みに実施する長期休暇子どもの居場所づくり事業の開始日を繰り上げ本日開所するなど、児童生徒や家庭の状況に応じた柔軟な対応を図ってまいります。

この感染症に関して、日々事態が刻々と変化しており、まだまだ予断を許さない状況が続くと考えられますが、今後の感染流行の動向や国・県の対策の動きを注視しながら、庁内並びに関係機関との連携をさらに強化し、感染拡大防止と新たな感染症に対する市民の不安を解消できるよう、総力を挙げて取り組んでまいります。

市民の皆様には、引き続き深いご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年3月9日

亀山市長 櫻井義之

 

 

お問い合わせ

長寿健康課 健康づくりグループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3316
FAX:0595-82-8180