亀山市ホーム

このページの本文へ移動

企業版ふるさと納税

公開日 2023年04月24日

更新日 2023年12月04日

 本市では「第2期 亀山市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、持続可能性を保ち、住み、働くことのできる、暮らしたいまちの実現を目指す取り組みを推進しています。亀山市における地方創生の取り組みにご賛同いただき、ご支援いただきますようお願いします。

企業版ふるさと納税パンフレット[PDF:493KB]

企業版ふるさと納税の概要

 企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。
 損金算入による軽減効果(寄付額の約3割)と合わせて、令和2年度税制改正により拡充された税額控除(寄付額の最大6割)により、最大で寄付額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されます。

仕組み

 ※制度の詳細は、内閣府の「企業版ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。
 

企業版ふるさと納税を活用するメリット

 地方創生に取り組む地方公共団体に対し、企業版ふるさと納税として寄附を行うメリットとして、次のことが挙げられます。

企業版ふるさと納税による地域貢献 1 地方創生に貢献する企業として公表・PR
2 地方公共団体とのパートナーシップ構築
3 SDGsへの貢献を通じた企業価値の向上

 

企業版ふるさと納税の活用

 本市では、第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づき、持続可能性を保ち、住み、働くことのできる、暮らしたいまちの実現に向け、次の取り組みを推進しています。
 本市の地方創生に関連する取り組みにご賛同いただき、企業版ふるさと納税制度を活用の上、ご支援いただきますようお願いします。

1 活力ある働く場をつくる事業
2 亀山へのひとの流れとつながりをつくる事業
3 出産・子育てを支え、未来を担うひとを育てる事業
4 魅力や価値を高め、選ばれるまちをつくる事業

 

寄附申込から申告までの流れ

企業様   ⑴ 寄附のお申し出  担当窓口(政策推進課政策調整グループ)へご連絡ください。
寄附を行っていただく時期などを調整させていただきます。
   
企業様   (2) 寄附のお申込み  「寄附申込書」をご提出いただきます。
 
   
亀山市   (3) 納付書の送付  「寄附申込書」にご記載の額の納付書を送付します。
 
   
企業様   (4) 寄附金のご納付  市が送付した「納付書」により寄附金をご納入ください。
 
   
亀山市   (5) 受領証の発行  寄附金のご納入を確認後、市が受領書を発行します。
 
   
企業様   (6) 税控除のご申告  法人関係税の控除申告を行っていただきます。
 

※具体的な税控除の申告方法は、所管の都道府県税事務所等、各税目ごとの課税庁にお問い合わせください。
 

企業版ふるさと納税を活用できる事業

 令和5年度には、企業版ふるさと納税制度を活用できる事業として、次の事業・取り組みを実施しています。

第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略における
基本目標
事業・取組 事業費
(千円)
1 活力ある働く場をつくる 商工業振興事業(商業団体連合会への支援) 3,200
ニホンザル等獣害対策事業 35,400
2 亀山への人の流れとつながりをつくる まちの記録編さん事業 6,380
移住交流促進事業 8,380
地区コミュニティセンター充実事業 120,800
観光費(B-1グランプリ出展団体への支援) 500
3 出産・子育てを支え、未来を担う人を育てる 児童福祉費(チビッ子広場整備事業補助金) 1,000
保育所費(保育所での使用済みおむつの処分) 2,500
4 魅力や価値を高め、選ばれるまちをつくる 健康都市大学創設・運営事業 6,000
予防接種費用助成事業 14,300
スポーツ振興事業(アーバンスポーツ関係) 3,800
スポーツ振興事業(ニュースポーツ大会等) 7,420
かめやま文化年事業 3,500
都市マスタープラン策定事業 6,800
道路新設改良事業(川合9号線) 22,000
東野公園体育館改修事業 8,800
狭あい道路後退用地整備事業 33,500

 

企業版ふるさと納税の活用実績

和田保育園保育室増設事業
和田保育園 総事業費 89,735千円
事業期間 令和3年度~4年度
寄附金額 非公表
寄附企業 丸一株式会社
関連するSDGsゴール SDGsアイコン4
事業の概要・成果
子育て世帯の就労状況の変化等を背景に、特に低年齢児(0~2歳)の保育需要が高まっています。
企業版ふるさと納税制度を活用し、和田保育園において保育室の増設を行い、令和5年度当初の0~2歳児の受け入れ可能児童数を拡大することができ、待機児童の解消につなげることができました。
アプリdeウェルネス推進事業
アプリdeウェルネス推進事業イラスト 総事業費 18,400千円(令和5年度 9,500千円)
事業期間 令和5年度~
寄附金額 非公表
寄附企業 株式会社セントラル、富士観光株式会社
関連するSDGsゴール SDGsアイコン3 すべての人に健康と福祉を SDGsアイコン17 パートナーシップで目標を達成しよう
事業の概要・成果
健康寿命の延伸に向け、これまで紙媒体で実施していた「かめやま健康マイレージ」事業を、より幅広い世代の人が参加しやすいものにするため、スマートアプリ「健康マイレージ」を活用して市民の健康活動を推進する「アプリdeウェルネス推進事業」へリニューアルし、令和5年9月1日から運用を開始しました。
公園施設庁寿命化事業
亀山公園遊具完成予想図 総事業費 167,000千円(令和5年度 73,000千円)
事業期間 平成29年度~
寄附金額 非公表
寄附企業 丸一株式会社
関連するSDGsゴール SDGsアイコン11 住み続けられるまちづくりを SDGsアイコン17 パートナーシップで目標を達成しよう
事業の概要・成果
市が管理する公園施設の老朽化が顕在化しており、公園施設長寿命化計画の対象である亀山公園・西野公園・東野公園において、機能保全を図ります。
令和5年度においては、亀山公園わんぱく広場内にある複合遊具およびローラースライダー等を全て更新し、インクルーシブの考え方を取り入れた遊具広場の整備を進めています。

 

ご寄附をいただいた企業のご紹介

令和5年度

企業名・所在地 寄附金額 寄附事業

丸一株式会社
大阪府大阪市中央区北浜東2-10

非公表 魅力や価値を高め、選ばれるまちをつくる事業

富士観光株式会社
愛知県半田市青山二丁目20番地の7

非公表 魅力や価値を高め、選ばれるまちをつくる事業

株式会社セントラル
愛知県半田市青山二丁目20番地の7

非公表 魅力や価値を高め、選ばれるまちをつくる事業

令和4年度

企業名・所在地 寄附金額 寄附事業

丸一株式会社
大阪府大阪市中央区北浜東2-10    

非公表 出産・子育てを支え、郷土愛を持つひとを育てる事業

 

企業版ふるさと納税の効果検証について

令和4年度企業版ふるさと納税の効果検証について[PDF:707KB]

お問い合わせ

政策部 政策推進課 政策調整グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577番地
TEL:0595-84-5123
FAX:0595-82-9955
総務財政部 財務課 財政グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577番地
TEL:0595-84-5030
FAX:0595-82-9955

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード