亀山市ホーム

このページの本文へ移動

亀山市移住・交流促進アドバイザーについて

公開日 2021年02月02日

更新日 2022年09月01日

令和4年度“亀山市移住・交流促進アドバイザー”は、以下の2名です。主に、SNS発信や、都内での三重県や亀山市関連のイベントへの参加などを予定しています。

 

 

坂 忠文 (さか ただふみ)さん フリーランス 60代 東京都町田市在住

私は加太で生まれ、豊かな自然の中で育ちました。東京に出て50年、現在、故郷が過疎の危機にあり、「何かできることはないかな」と応募。若い世代から高齢者まで皆が笑顔で暮らす優しい街・亀山=暮らしのカメヤマモデルができたら素敵ですね。

 

《2022年4月のコメント》

移住・交流促進アドバイザーを務めて一年が過ぎました。東京での移住相談等のイベントは長引くコロナ禍で数回しか実施できませんでしたが、首都圏から地方への移住意欲をコロナ禍が後押ししたことも事実です。私の友人が勤める東京の会社では在宅でのリモートワークが七割から八割。自宅で仕事をする環境や自宅周辺での過ごし方がとても大切になっています。そんな働き方が普通になる時代、田舎暮らし・亀山の魅力を一人でも多くの方に伝えてゆきたいと思っています。

 

 

大萱 威往吏 (おおがや いおり)さん 会社員 30代 兵庫県宝塚市在住

高校卒業まで亀山市で育ち、卒業後は東京で生活。現在は兵庫県在住です。地方生活への興味・関心が集まる中、亀山市での生活がマッチする人は必ずいらっしゃると思います。亀山市の認知度向上に努め、一緒に亀山市を盛り上げてくれる人材の移住を促進していきたいです。

 

《2022年5月のコメント》

移住・交流促進アドバイザー任用から1年が経過しました。移住相談を通じて感じたことは「価値観の多様性」でした。

家の近くに山や川がある生活、大阪/名古屋/伊勢へ車でアクセスがしやすい環境など、亀山市民にとっては当たり前、でも別地域にお住まいの人からは魅力となるケースがあります。

亀山市に住んでいると当たり前で気付かない、でも魅力的。そんな魅力を発見して言語化することで、価値ある情報として届けていきたいと思います。

 

亀山市移住・交流促進アドバイザーについてのお問い合わせ

 

政策部 政策推進課 政策調整グループ
住所:〒519-0195 亀山市本丸町577番地
TEL:0595-84-5770(移住窓口)
FAX:0595-82-9685
E-Mail:seisaku@city.kameyama.mie.jp