このページの本文へ移動

市長のメッセージ

公開日 2020年05月22日

市民の皆様へ

三重県への緊急事態宣言が解除され1週間がたちました。少しずつではありますが、市内のまちの風景も日常に戻りつつある感がします。20日からは学校の分散登校が始まり、子どもたちの元気な声に安堵しつつも、教育委員会ならびに学校においては6月1日からの通常授業に向けた万全の準備を急いでいます。

一方、いまだ全ての都道府県において解除に至らず、県境をまたぐ移動自粛の継続など、このウイルスとの闘いは、第2波への懸念も含め長期化する見通しです。私たちは、感染リスクと社会経済活動のバランスを見極めながら、「新たな日常」へ段階的かつ慎重な対応が求められており、気を緩めず進んでいかねばなりません。

そこで、本日、すでに実施している総合対策の第1弾に続き、市独自の総額約4億2000万円となる「緊急政策パッケージ【第2弾】」を取りまとめました。とりわけ、速やかな取り組みが必要な「給食時等の飛沫感染防止のための卓上シールドの配備」「亀山版・持続化給付金制度の創設」「医療センターへのPCR外来検査センターの設置」などに関連する補正予算については、次期市議会での成立後、ただちに実行に移したいと思います。

私たちは今、これら直面する諸課題への対処とあわせ、この未知の感染症に打ち勝つ都市としての「免疫力や復元力」を高めることも重要だと考えます。引き続きのご協力をお願いします。

令和2年5月22日

亀山市長 櫻井義之

 

 

お問い合わせ

健康福祉部 長寿健康課 健康づくりグループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3316
FAX:0595-82-8180

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード