このページの本文へ移動

亀山市移住促進のための空き家リフォーム支援事業

公開日 2018年08月06日

概要

亀山市外からの移住を目的に、亀山市内の空き家住宅のリフォームを実施する方に対し、リフォーム費用の一部の補助を行います。

対象者

  • 移住者(亀山市外に1年以上居住しており、亀山市内の空き家に居住(転入)し、リフォームする人)
  • 空家所有者(移住者と売買契約または賃貸契約を交わした空き家の所有者で、リフォームする人)

※対象の空き家に5年以上居住していただく必要があります。

※工事前の申請が必要です。

※転入前リフォームの場合:リフォーム完了後、1月以内に転入していただく必要があります。

※転入後リフォームの場合:転入日から6月以内に申請していただく必要があります。

対象空家

  • 新築から5年以上経過した戸建空家住宅(共同住宅・長屋は除く)

対象工事

  • 居住用部分の工事(車庫、倉庫、外構、エアコンなどの容易に取り外しできる設備は除く)
  • 30万円以上の工事
  • 「市内業者」または「県内の市外業者」による工事

※対象の空き家が耐震基準を満たさない場合は、耐震工事が必要
→耐震事業に関する概要は「木造住宅耐震関係」のページをご覧ください。

※リフォームが完了し、完了実績報告を補助金交付年度の3月末までに提出すること。

補助額(市内業者による工事の場合) 

  • 基本⇒費用の1/3(上限30万円)
  • 「居住誘導区域内の空き家」と「補助対象者が子育て世帯」のいずれかに該当⇒費用の2/5(上限40万円)
  • 「居住誘導区域内の空き家」と「補助対象者が子育て世帯」の両方に該当⇒費用の1/2(上限50万円)

※県内の市外業者による工事の場合は上限額が1/2になります。

※居住誘導区域:亀山市立地適正化計画で定める居住を誘導する区域です。 居住誘導区域地図[PDF:367KB]

※子育て世帯:補助対象世帯に中学生以下の子どもがいる世帯です。

申請方法

次に掲げる書類を提出してください。

  • 「移住促進のための空き家リフォーム支援事業費補助金交付申請書」word版[DOCX:25KB]PDF版[PDF:109KB]
  • リフォームの見積書
  • リフォームの内容が分かる図面
  • 対象空き家が旧耐震基準(昭和56年5月31日以前に着工)で建築されている場合は、耐震診断結果報告書(耐震性が不足している場合は、耐震補強計画書の添付が必要)
  • 移住者が市外に居住していることを証明する書類(転入前申請の場合は住民票、転入後申請の場合は前住所地の住民票除票)
  • 対象空き家の不動産登記事項証明書
  • 「確約書」word版[DOCX:22KB]PDF版[PDF:90KB]
  • 空き家所有者がリフォームする場合は、移住者との契約書の写し

ローン金利の引き下げ

亀山市は(独)住宅金融支援機構と協定を締結しており、上記の「移住促進のための空き家リフォーム支援事業」を受けられる市外からの転入者の方が、空き家取得費を「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型」でローンを組まれる場合に、当初5年間の金利が0.25%引き下げになります。

 

お問い合わせ

産業建設部 都市整備課 住まい推進グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5038
FAX:0595-82-9669

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード