このページの本文へ移動

亀山市消防本部

住宅用火災警報器を設置しましょう!!

公開日 2014年11月23日

       火災予防                               消防士イラスト    

 亀山市では、平成20年6月1日から、すべての住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務づけられました。安全で安心な生活ができるように、必要な場所に必ず住宅用火災警報器を設置しましょう。

設置場所等

寝室及び寝室のある階の階段の踊り場の天井又は、壁に煙式を設置しましょう。

天井の設置位置

  1. 壁面から火災警報器の中心を60センチ以上離します。
  2. 梁などがある場合は、火災警報器の中心を梁から60センチ以上離します。
  3. エアコンなどの吹き出し口付近は、換気扇やエアコンの吹き出し口から1.5メートル以上離します。

壁の設置位置

天井から10~50センチ以内に火災警報器の中心がくるように取り付けます。

画像で確認をしたい人は、住宅用火災警報器パンフレット[PDF:399KB]をご覧ください。

市内での奏功事例

 奏功事例[PDF:133KB]をご覧ください。

住宅用火災警報器は、10年を目安に交換しましょう。

交換推奨パンフレット

 

お問い合わせ

消防本部 予防課 予防グループ
住所:〒519-0165 三重県亀山市野村四丁目1-23
TEL:0595-82-9492
FAX:0595-83-2200

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード