亀山市ホーム

このページの本文へ移動

令和3年8月市長定例記者会見(令和3年8月24日)

公開日 2021年08月24日

更新日 2021年08月25日

1.新型コロナウイルス感染症対策について
       ~「総合対策パッケージ【第5弾】」及び妊婦等へのワクチンの優先接種~

 

亀山市は、このたび総額8,780万円の新型コロナウイルス感染症対策「総合対策パッケージ【第5弾】」を取りまとめました。

 

その概要は、まず「市民生活の支援」においては、離職・休業等に伴う収入減により住居を失うおそれがある生活困窮者の自立に向け支給する住居確保給付金において、制度改正により、その支給期間が最大12か月から15か月に延長されたことなどから、予算を増額し給付金を支給することとし、750万円を予算化しました。

また、「感染症対策の充実」においては、新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、必要な看護師の増員等や予約・入力事務委託等の接種に係る経費を増額することで、ワクチン接種の円滑な実施と接種体制の充実を図ることとして、7,530万円を予算化しました。

先行する「総合対策パッケージ」の施策を着実に進め、強化するものとして、来る8月27日開会の市議会9月定例会での補正予算成立後、速やかに実行に移してまいります。

さらに、家庭や職場内等で新型コロナウイルス感染者が急増していることに伴い、濃厚接触者及び接触者のうち、無症状であるがPCR検査を希望する人に対し、市が独自で購入したPCR簡易検査キットの無料配布を行い、市民の不安解消と感染拡大防止につなげます。なお、この事業は予備費を充用することとし、迅速な対応を図ってまいります。

 

一方、全国的に課題となっております妊娠中の方に対する新型コロナウイルスワクチン接種について、本市は、妊娠中の方とそのパートナーをはじめ同居の方への優先接種を行うよう準備を進めています。市保健師等が、市が把握している妊娠中の方のワクチン接種状況や不安感、優先接種の希望を電話で丁寧に聞き取りした上で、希望される方が不安なく円滑に接種を受けられるよう努めてまいります。
 

 

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:519KB]

【資料】新型コロナウイルス感染症対策総合対策パッケージ第5弾[PDF:647KB]

 

2.「亀山ブランド」の初認定とロゴマークの決定について

 

亀山市は、このたび、市の魅力ある特産品17品目について、初めて「亀山ブランド」として認定を行いました。

 

「亀山ブランド」は、市の魅力ある特産品を市のイメージ向上と地域経済の活性化を図ることを目的に、本年1月に亀山市地域ブランド創出事業としてスタートさせた制度です。

今回は、「市内で生産、加工等又は営業する事業者」や「販売実績が1年以上ある商品」などの条件を基に申請のあった事業者のうち、10事業者の商品について、「地域性」「独自性」「信頼性」「市場性」「将来性」の5つの基準により、消費者の目線から厳しい審査で選び抜かれたものを市独自に認定したものです。

 

また、シンボルとなる「亀山ブランド」のロゴマークは、日本の東と西を結んだ大動脈「東海道」の宿場町として、人と人、人とものをつないだ亀山の郷土を、亀山市の頭文字「K」を用いて、西にそびえる鈴鹿山脈・鈴鹿峠、鈴鹿川の情景を、「日本武尊・白鳥伝説」ゆかりの地にちなんで、白鳥をモチーフにデザインしたものとなっています。

 

今後は、認定事業者と連携して、市ホームページや広報など市の情報発信ツール、マスメディアの活用などにより、亀山の魅力を戦略的に発信していきます。

また、名古屋や東京など各地で開催されるイベントや物産フェアなど、全国へも積極的に展開していく予定です。

 

なお、認定した商品は、お配りしたパンフレットのとおりです。


        ※上記内容の印刷物はこちら[PDF:500KB]
 

 

3.不登校児童生徒居場所事業「フリースペースかめっこ」を開設します

 

亀山市は9月1日から、不登校児童生徒の支援拠点として「フリースペースかめっこ」を開設します。

 

本市ではこれまで、不登校の児童生徒について、青少年研修センター内にある適応指導教室「ふれあい教室」を中心に対応してまいりました。しかし、全国的な傾向と同様に、本市においても不登校児童生徒数は増加傾向にあります。

 

そこで、本年度から不登校児童生徒居場所事業に取り組んでおり、教職員OB等が設立した特定非営利活動法人「亀っ子サポート」に委託して、子どもの居場所と相談支援の拠点の開設準備を進めてまいりました。「フリースペースかめっこ」では、9月から不登校児童生徒の受け入れを開始するとともに、不登校相談会や進路相談会等の保護者支援も行う予定です。

 

亀山市としましては、本事業のほか、不登校対応の教員の増員を行うなど不登校児童生徒の支援体制強化に努めていますが、今後におきましても、民間施設との連携協力や訪問型支援等、更にきめ細かな不登校対応を行ってまいります。

 

なお、不登校児童生徒居場所事業の事業概要は、別添資料のとおりです。

 


        ※上記内容の印刷物はこちら[PDF:488KB]

        【資料】不登校児童生徒居場所事業「フリースペースかめっこ」について[PDF:433KB]


        【資料】令和3年度子ども(不登校児童生徒)居場所事業実施要項[PDF:194KB]

 

 

4.9月の行事予定


        9月の予定[PDF:422KB]

 

 

お問い合わせ

総合政策部 政策課 広報秘書グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5022
FAX:0595-82-9685

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード