亀山市ホーム

このページの本文へ移動

平成28年9月市長定例記者会見(平成28年9月30日)

公開日 2016年10月05日

更新日 2019年04月20日

1.亀山市空家等対策の推進に関する条例について

 平成28年9月亀山市議会定例会において、亀山市空家等対策の推進に関する条例(以下、「条例」という。)が可決されました。空家対策に関する条例は、「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下、「特措法」という。)が成立して以降、三重県内で初めての制定となります。

 本条例は、空家等に関する対策の推進に関し、基本理念を定め、市、空家等の所有者等、市民のそれぞれの行なう責務と役割を認識するものとし、特措法で定めるもののほか、「管理不全状態の空家等に対する措置」及び「緊急安全措置」といった独自の措置を定め、市民の生活環境の保全を図ることにより、安全で安心なまちづくりにつなげていきます。
  市民の皆様には、所有又は管理する空家の適切な管理を行っていただくとともに、市が実施する空家に関する対策にご協力をお願いすることとなります。

 今後は、特措法及び条例に基づき、地域住民や学識経験者の参画による亀山市空家等対策協議会を速やかに設置し、本年度末までに亀山市空家等対策計画を策定します。

 なお、対策計画の策定に際しては、パブリックコメントなどを通じ、多様なご意見を伺いたいと考えており、市民の皆様の格別のご理解とご協力の程をお願いします。

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:474KB]

 

2.平成28年度亀山市総合防災訓練について

 亀山市は、来る10月2日(日)午前8時から12時15分まで、亀山市立中部中学校を主会場として「亀山市総合防災訓練」を実施します。

 地区住民の方々をはじめ、市内自治会・自主防災会の代表者、市の機関、関係各種団体の参画のほか、特に今回は、市の将来を担い、大規模災害時における「減災対策」の一員として期待される中学生の参画を含め、約1,500名規模での開催を予定しています。
 訓練当日は、各自治会計画による一時避難場所から指定避難所である中部中学校までの集団避難訓練を実施するほか、主会場では、自主防災リーダーを対象とした研修、炊き出し・応急救護等の各種訓練、地震体験、災害派遣車両等の展示等を行います。
 また、中学生については、災害への備えや災害活動等に関する授業、簡易担架の作成等の防災教室を行うとともに、多数傷病者対応訓練や三重県防災航空隊との連携訓練も行う予定です。

 なお、詳細につきましては、別紙の資料をご覧ください。

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:507KB]

平成28年度亀山市総合防災訓練に関する資料[PDF:187KB]

会場配置図[PDF:176KB]

 

3.10月の行事予定

10月中の行事[PDF:97KB]

 

お問い合わせ

総合政策部 政策課 広報秘書グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5022
FAX:0595-82-9685

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード