亀山市ホーム

このページの本文へ移動

平成29年5月市長定例記者会見(平成29年5月26日)

公開日 2017年06月01日

更新日 2019年04月20日

1.平成29年6月議会提出議案について

 平成29年6月議会に提出する議案については、条例関係3件(市税関係及び地区コミュニティセンター関係)、補正予算3件(平成29年度亀山市一般会計、水道事業会計、病院事業会計)その他として、財産の取得について2件、指定管理者の指定について1件、市道路線の認定について1件、専決処分した事件の承認について3件及び、報告4件を予定しています。

 条例の市税関係では、地方税法等の改正による所要の改正を行います。
 また地区コミュニティセンター関係では、城東地区コミュニティセンターについて、その位置を東町から東丸町に改める改正を行います。これは、耐震診断の結果、安全確保のため使用を停止していた施設を、新しく借り受け移転するため改正するものです。

 また、補正予算ですが、一般会計の補正額は1,758万円で、主な内容は、歳入の諸収入に計上しましたコミュニティ助成事業助成金を財源として、歳出にコミュニティ助成事業補助金を計上しています。事業内容としては、椿世町自治会の公民館建設等への補助金です。
 なお、補正内容の詳細は、別添の平成29年6月亀山市議会定例会議会運営委員会資料によりご確認をお願いします。

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:802KB]

平成29年6月亀山市議会定例会議会運営委員会資料[PDF:118KB]

 

2.三重大学と寄附講座設置協定について

 亀山市は、亀山地域医療学講座について、平成23年5月に締結し、平成26年5月に更新しました国立大学法人三重大学(以下、「三重大学」)との寄附講座設置協定が、本年5月31日に終了するため、改めて、昨日5月25日に設置協定を締結しました。

 この3年間の亀山地域医療学講座では、亀山市立医療センターを主なフィールドとして「三重大学医学部の臨床研修及び習得度合評価に関する研究」「地域での住民の健康活動の支援に関する研究・教育」など、最適な地域医療体制の確立に向けた研究・教育活動が行われました。このことにより、市民の健康を守り、健康寿命を延ばす取り組みに活かされてきたところです。
 引き続き、平成29年6月1日から3年間、最適な地域医療体制の確立を目指して、寄附講座を設置するものです。

設置講座   亀山地域医療学講座
設置場所   三重大学(津市江戸橋2丁目)
         ※主たる研究の場 亀山市全域、亀山市立医療センター
設置目的   三重大学に複数名の家庭医(総合医)及び整形外科医からなる講座を設置し、亀山市及びその周辺地域の住民に健康で安心できる
        生活を提供する医療保健体制に関する研究・教育を行い、もって最適な地域医療体制の確立に寄与することを目的とする。
設置期間   3か年(平成29年6月1日~平成32年5月31日)
寄附額    一年度につき31,200,000円を限度とし、毎年度市の予算に定めるところによる。
協定者    国立大学法人三重大学長 駒 田 美 弘
        亀山市長 櫻 井 義 之

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:805KB]

 

3.長期休暇子どもの居場所事業について

 亀山市は、夏休みをはじめとした小学校の長期休暇期間において、子どもたちの安心して過ごせる居場所づくりとして、初めての試みとなる「長期休暇子どもの居場所事業」を実施します。

 小学校が夏休み、冬休み、春休みなどの長期休暇の期間には、保護者の就労状況などから、子どもたちが家庭に残されてしまうことが多くなりがちです。そうした子どもたちの安心できる居場所づくりのために、本年度から亀山市青少年研修センターを利用して、本事業に取り組みます。

 本市は下記概要のとおり事業を実施いたし、子どもの安心と安全の確保に努め健やかな成長につなげるとともに、保護者が安心して就労等ができる環境づくりに寄与していきたいと考えています。

〔夏季休業期間における事業の概要〕
開所期間:平成29年7月21日(金)から8月31日(木)
       ※日曜、祝日及び次の日程を除く
         8月5日(土)、14日(月)、15日(火)、16日(水)
開所時間:8時~19時
開所場所:亀山市青少年研修センター 2階和室
利用定員:30人程度
利用料金:29,000円
利用者:市内小学校に在籍する児童
     ※市内放課後児童クラブ在籍児童は除く
申込期間:平成29年6月1日(木)から6月15日(木)
       ※申込者多数の場合は、必要性の審査の上、抽選により決定
       ※6月下旬決定予定

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:801KB]

 

4.対象年齢を5歳刻みとする歯周病検診について

 亀山市は、歯周病検診の対象年齢を5歳刻みに拡大し、7月から実施します。

 歯周病健診については、高齢期になっても健康を維持し、食べる楽しみを享受できるよう、歯の喪失を予防することを目的として実施しています。
 本市は、これまで当該疾病の怖さを理解し、市民自らが検診及び生活習慣等の予防行動を起こすことができるよう、健康増進法に基づく40歳、50歳、60歳、70歳の歯周病検診に加え、歯周病に罹りやすい30歳に検診を実施してきました。
 また、受診率につきましても、無料券を配布しながら受診を呼び掛けており、平成28年度で11.4%と県内13市の中でも10%を超える高い受診率となっています。
 しかしながら、このような10歳ごとの節目年齢を対象とした歯周病検診では、その間に歯周病に罹患するとともに、重症化する恐れがありました。
 そこで、この度、亀山歯科医師会の協力のもと、新たに対象年齢を30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳と5歳毎として受診機会を増やし、より一層市民の歯の健康づくりを支援することとします。

 市民の皆さんには、これを機会にご自身の健康についてお考えいただき、積極的な受診をお願いするものです。

≪参 考≫
歯周病検診対象者
 平成28年度まで 30・40・50・60・70歳
 平成29年度から 30・35・40・45・50・55・60・65・70歳

※上記内容の印刷物はこちら[PDF:799KB]

 

5.6月の行事予定

6月中の行事[PDF:107KB]

 

お問い合わせ

総合政策部 政策課 広報秘書グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5022
FAX:0595-82-9685

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード