亀山市ホーム

このページの本文へ移動

亀山市の下水道整備事業について

公開日 2014年12月18日

更新日 2020年08月05日

 

 亀山市の公共下水道事業は、平成6年度から事業着手してきましたが、長年の懸案課題でありました、鈴鹿川右岸、東部地区の阿野田、天神一部地域の公共下水道整備に着手します。

 現在、整備が進められている県道亀山安濃線の鹿島橋に下水道管を添架する計画であり、鹿島橋が平成28年度末に供用する予定であることから、当地区の公共下水道整備については、平成26年度に測量と設計を行い、平成27年度から順次工事着手する方針です。

 なお、本市の下水道整備進捗状況について、公共下水道は、平成24年度末で供用開始面積692.6ヘクタール、普及率は45.6%です。

 また、農業集落排水は、全体計画14地区のうち、既に13地区で供用開始しており、残る昼生地区は、平成26年度末の供用開始を目指し進めており、平成24年度末普及率は14.7%です。

 よって、生活排水処理施設整備率は、浄化槽普及率の19.7%を含め80.0%となります。

 市として、今後豊かな自然を守り、快適な生活を目指し、計画的に下水道整備を進めてまいります。

 

 

上記内容の印刷用はこちら(PDF:385KB)

 

 

 

お問い合わせ

総合政策部 政策課 広報秘書グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5022
FAX:0595-82-9685

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード