亀山市ホーム

このページの本文へ移動

亀山市総合防災訓練

公開日 2014年12月18日

更新日 2019年03月12日

 今年度の亀山市総合防災訓練は、来る10月25日(日)午前8時から正午まで加太小学校を主会場とした加太地区で実施します。地区住民、市内自治会・自主防災会の代表者のほか、市の機関及び関係各種団体が参加し、約400名での開催を予定しています。当日は、気象警報が発令されない限り実施します。

 本市では、地域の防災力向上を目的として、地域にあった特色のある訓練が実施できるように、市内の小学校等を指定した代表避難所15箇所を中心に順番に開催しており、加太地区での開催は、実に13年ぶりであります。

 加太地区開催にあたり、地元自治会や消防団などの関係機関との打合せ会議を計4回開催し、地元住民の意見を取り入れた訓練となるよう検討をしてまいりました。なかでも、加太地区は要援護者の方が約150名あまりみえることから、車椅子を使用して代表避難所である加太小学校までの避難訓練を計画しました。また、木造住宅が多いことから倒壊した家屋の救助者に対する救出訓練を実施します。さらに、「防災減災チャレンジャーの会」の指導のもと加太小学校の高学年が非常用の携帯電話充電器を製作します。以上の訓練はいずれも初めての試みであります。

 また、従来からの本市の特色としまして、自衛隊・日赤奉仕団による炊き出し訓練や地震体験車、自衛隊災害派遣車両などの展示も行います。以上が今年度計画します亀山市総合防災訓練の概要です。

<質疑>

質問:加太地区の要援護者が約150人ということですが、加太地区全体の人口は何人ですか。
回答:加太地区の人口は、1,135人で、その内の360人が防災訓練に参加となっています。

 

【資料】亀山市総合防災訓練[PDF:12KB]

 

お問い合わせ

総合政策部 政策課 広報秘書グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5022
FAX:0595-82-9685

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード