亀山市ホーム

このページの本文へ移動

平成25年度 市内危険箇所点検について

公開日 2014年12月18日

更新日 2020年08月05日

 

 亀山市は、例年、梅雨末期の集中豪雨や本格的な台風シーズンを前に市内の危険箇所を予め点検し、関係機関と情報共有することで災害時において迅速、的確な対応が図れるよう毎年、実施しています。

 本年度の危険箇所点検は、7月11日(木)13時30分、関支所を出発し、亀山市安坂山地内の市ノ谷渓流の土石流に対する危険箇所等を視察します。

 また、昨年の台風17号による木下地区の鈴鹿川堤防決壊現場の復旧工事について、関係機関により報告を受けることとしています。

 参加機関は、国土交通省中部整備局三重河川国道事務所・三重県鈴鹿地域防災総合事務所・三重県鈴鹿建設事務所・亀山警察署・亀山市消防団・亀山市です。

 引き続き、大雨等に対し万全を期し、防災対策に努めていきます。

 

 

上記内容の印刷用はこちら(PDF:356KB)  

 

 

 

<質疑>

表組み
質問 市ノ谷渓流が選ばれた理由は何ですか。
回答 点検箇所は、参加機関に問い合わせて決めています。市ノ谷渓流は、土石流の危険箇所があり、下流には人家が20戸、県道や市道もあって、発生すれば甚大な被害が想定されるということで、鈴鹿建設事務所から依頼がありました。
   

 

 

お問い合わせ

総合政策部 政策課 広報秘書グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577番地
TEL:0595-84-5022
FAX:0595-82-9685

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード