このページの本文へ移動

熱中症を防ぐために

公開日 2019年05月27日

  • 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。野外だけではなく、室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
  • 熱中症の予防には、「こまめな水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!
  • 熱中症になった場合も、適切な応急処置により、救命することができます。
  • 一人ひとりが、熱中症予防の正しい知識をもち、自分の体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも気を配り、予防を呼びかけ合って、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!!

詳しくは厚生労働省リーフレット「熱中症予防のために」をご覧ください。

その他の参考情報

環境省では、専用のサイトを設置し、暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)の予測値・実況値や対処法などの情報提供を行っています。
このサイトを活用し、熱中症を予防しましょう。

気象庁では、日々の気温の予測情報、天気予報などが発表されています。

お問い合わせ

長寿健康課 健康づくりグループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3316
FAX:0595-82-8180

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード