このページの本文へ移動

環境影響評価(環境アセスメント)ー(仮称)ウインドパーク布引北風力発電事業

公開日 2018年04月17日

環境影響評価(環境アセスメント)とは

開発事業による重大な環境影響を防止するためには、事業の内容を決めるに当たって、事業の必要性や採算性だけでなく、環境の保全についてもあらかじめよく考えていくことが重要となります。
このような考え方から生まれたのが、環境アセスメント(環境影響評価)制度です。環境アセスメントとは、開発事業の内容を決めるに当たって、それが環境にどのような影響を及ぼすかについて、あらかじめ事業者自らが調査、予測、評価を行い、その結果を公表して一般の方々、地方公共団体などから意見を聴き、それらを踏まえて環境の保全の観点からよりよい事業計画を作り上げていこうという制度です。

環境影響評価(環境アセスメント)事例

(仮称)ウインドパーク布引北風力発電事業

事業概要

事業者

名称 株式会社シーテック
住所 愛知県名古屋市瑞穂区洲雲町四丁目45番
担当課等 株式会社シーテック 再生可能エネルギー事業部 風力発電部
連絡先 TEL 052-852-6991

対象事業

対象事業の名称 (仮称)ウインドパーク布引北風力発電事業
対象事業の種類 風力発電所の設置
対象事業の規模 最大120,000キロワット(2,000キロワット~4,000キロワット、最大40基)
事業実施想定区域 三重県亀山市、津市、伊賀市地内

事業者ホームページ

株式会社シーテック http://www.ctechcorp.co.jp/(外部リンク)

環境影響評価方法書

※方法書の閲覧・縦覧は終了しています。

計画段階環境配慮書

※配慮書の閲覧・縦覧は終了しています。

お問い合わせ

環境課 環境創造グループ
住所:〒519-0166 三重県亀山市布気町442
TEL:0595-96-8095
FAX:0595-82-4435

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード