このページの本文へ移動

農業委員会

公開日 2017年04月01日

農業委員会の概要

1:活動の概要

農業委員会は、農地の売買や貸借といった農地に係る権利移動の許可、農地の転用に関しての意見、農用地利用集積計画の決定、遊休農地の調査、新規就農者の相談などを行っています。

また、農業委員会における農地等の利用の最適化の推進は、農業委員会等に関する法律第7条第1項の規定に基づく「農地等の利用の最適化の推進に関する指針」に従って進められています。

農地等の利用の最適化の推進に関する指針[PDF:123KB]

 

2:農業委員会の構成等

農業委員会は、市長から任命された農業委員10名と、農業委員会から委嘱された農地利用最適化推進委員20名で構成されており、任期はともに3年(平成29年3月11日から令和2年3月10日まで)です。

なお、農地利用最適化推進委員は、それぞれが担当地区を持ち、農地等の利用の最適化の推進に関する業務等を行っています。

農業委員名簿[PDF:41KB]

農地利用最適化推進委員名簿[PDF:54KB]

農地利用最適化推進委員担当地区一覧[PDF:95KB]

 

農業委員会の業務

農業委員会では毎月総会を開催し、農地の売買や貸借、農地を農地以外の目的で利用するための申請について審議しています。

申請締切日等一覧表[PDF:181KB]

※許可申請の締め切りは、原則毎月20日です。なお12月の締め切りは、15日となります。(但し、締切日が土・日・祝祭日の場合は翌開庁日になります。)
※申請書の受付時間は、8時30分から17時15分までです。

 

農地法第3条関係

農地を耕作する目的で売買や貸借する場合

農地法第3条の規定により農業委員会の許可が必要です。また、農地の売買や貸借するには、所有する農地と新たに取得しようとする農地の面積の合計が、新たに取得しようとする農地が存する地区の下限面積を超えること、申請者が所有することとなる全ての農地を効率的に利用して事業を行うと認められること等の要件を満たす必要があります。

申請書ダウンロード
※許可書を発行するまでの標準処理期間は、申請締切日後30日となっております。

農地を相続等した場合

平成21年12月以降、農地を相続等によって取得した人は、農地のある農業委員会へ届け出をする必要があります。 

申請書ダウンロード (「農地法第3条の3第1項の規定による届出書」をご利用ください。)

 

農地法第4条・第5条関係

農地を農地以外の用途に使用する場合(権利の移動、設定をともなうものを含む)

農地を住宅用地や資材置場等の敷地として農地以外の用途で利用する場合には、市長の許可を受けなければなりません。
許可なく農地を農地以外の用途に利用した場合や申請した事業計画どおりに利用していない場合には、工事の中止や原状回復命令、また罰則の適用もあります。
(違反転用の場合、個人は3年以下の懲役または300万円以下の罰金、法人の場合は1億円以下の罰金が科せられる場合もあります。)

●農地法第4条による許可(農地の転用の制限)

農地法第4条は、所有者が自らの農地を農地以外に転用する場合に必要です。

●農地法第5条による許可(農地の転用のための権利移動の制限)

農地法第5条は、所有者以外が農地を譲受または貸借して、農地以外に転用する場合に必要です。

農地法4条・5条転用申請に必要な書類一覧表[PDF:163KB]

申請書ダウンロード
※申請締切日後、許可書を発行するまでは40日程度かかります。ただし、開発を伴う申請につきましては、開発の許可と同日許可となります。

農地転用許可後の工事の進捗状況(完了)報告について

農地法第4条または第5条の許可を受けて農地転用を行う場合、許可後3か月経過時、1年経過時及びその後1年毎に、若しくは転用事業完了時に、「農地転用許可後の工事等進捗状況(完了)報告について」に進捗状況又は完成状況が分かる「写真」を添付して、亀山市農業委員会へ提出してください。

 

農地台帳の閲覧関係

平成27年4月1日から、亀山市農業委員会の窓口で農地台帳の閲覧ができるようになりました。
なお、閲覧手数料として1筆あたり300円が必要です。
(閲覧できる主な項目)

  • 登記簿地目
  • 登記簿面積
  • 所有者
  • 耕作者(賃借人)

また、所有者名等を除いた内容を記載した要約書の交付を受けることができます。

 

利用権設定による農地の貸借(農業経営基盤強化促進法)

  • 農地法第3条による貸借とは別に農業経営基盤強化促進法による利用権の設定の申出により農地の貸借ができます。
  • 農地の権利移動設定の申出があった場合に市が一括して農用地利用集積計画を作成し、農業委員会の決定を受けます。
  • 農業経営基盤強化促進法により貸借した農地については、期限が来たら自動的に返還されることになります。
    ※申請の締め切りは、原則毎月20日です。なお、12月の締め切りは、15日となります。(但し、締切日が土・日・祝祭日の場合は翌開庁日になります。)

申請書ダウンロード

 

農地の賃借権情報の提供

  • 標準小作料制度の廃止に伴い、参考として市内の賃借料情報を提供します。

賃借料情報[PDF:104KB]

 

農業者年金への加入推進

  • 年齢が60歳未満で年間60日以上農業に従事する、国民年金の第1号被保険者であれば加入できます。
  • 農業者年金に加入される方は、国民年金の付加年金への加入も必要となります
  • 認定農業者の方については加入に際し、一定額の国からの支援をうけられる制度もあります。
  • 農業者年金加入申請及び受給等詳しいことは、お近くの農協及び農業委員会へご相談ください。

 

お問い合わせ

農業委員会事務局
住所:〒519-0195 亀山市本丸町577番地
TEL:0595-84-5048
FAX:0595-82-9669

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード