このページの本文へ移動

加太保育園野外体験保育(平成30年11月)

公開日 2018年12月26日

最終更新日 2018年12月13日

 

(今月の記事)
・11月 6日(火) たくさんの人参が収穫できて大喜び!
・11月12日(月) 焼き芋の準備に大忙し!
・11月13日(火) 焼き芋パーティーうれしいな!
・11月15日(木) 小学生と餅つきに挑戦しました!

 

平成30年11月15日(木)小学生と餅つきに挑戦しました!

餅つきに真剣  お餅美味しいね

9月に小学生と一緒に刈り取ったもち米で餅つき大会を、小学生やPTAの方たちと一緒に加太小学校で楽しみました。年長児は5年生とペアになって餅つきに挑戦!小学生に上手にリードされながら杵でつきました。
年少児はそんな年長児を温かく応援してくれました。餅つきをした後は、すぐにお餅を食べさせてもらい、つきたてのやわらかいお餅に「おいしい!」と大喜びの子どもたちでした。

苗植えから稲刈り、そして収穫まで1年を通してどのようにお米ができるか、その移り変わりを間近で見ることができ、また、そのお米を使ったお餅を食べるところまで体験できたことは、子どもたちにとって、とても良い経験になったと思います。

小学校の先生方やPTAの方々には、大変お世話になりありがとうございました。
 

平成30年11月13日(火) 焼き芋パーティーうれしいな!


マッチで点火  葉っぱの中にお芋さんをポイ!

前日の準備から楽しみにしていた焼き芋パーティーの日です。
朝から地域の方にお手伝いに来ていただきました。子どもたちは全員で園庭の落ち葉を集めたり、里山で取ってきた杉の枯葉や、稲刈りで取れたモミガラを運んだりと大忙しでした。しかし、その姿や表情は、やる気満々で目もキラキラしていました。

年長児は、全員がマッチで火をつけることができるので、順番に点火して火をおこしました。年少児も乳児もワクワクしながら、自分でお芋を葉っぱの中に投げ入れていました。

 

園庭は落ち葉のじゅうたん  葉っぱのシャワーだ!

お芋が焼けるまで、園庭一面に黄色く積もったイチョウの葉や、赤や茶色の落ち葉を集めては、空に向かって放り投げシャワーのように浴びたり、友達同士で落ち葉をかけあったりしながら大はしゃぎをしながら思いっきり楽しさを表現していました。

お芋を焼いている薫炭器から煙がモクモクとあがり、そのそばでは落ち葉で遊ぶ子どもたちの姿が、里山とマッチした光景でした。


焼き芋できたよ!  お芋美味しいね!
田んぼから、「おいもさん焼けたよ!」と、地域の方に声を掛けていただき、子どもたちはうれしそうに、いそいそと走っていきました。
薫炭器の周りの焼けたモミガラの中から、やけどをしないように火ばさみを使い、大きなお芋を慎重に挟み取っていました。
園児や地域の人たち、職員もホカホカの焼き芋をそれはおいしくいただき、お芋をほおばっている子どもたちの表情は、満面の笑顔で満足そのものでした。

おいしいお芋を食べたあとは、全員で火の後始末です。水を入れたバケツを、チャプチャプさせながら、水のバケツリレーをして最後までがんばりました。
食べて終わるだけでなく、焼き芋ができるまでの工程を自分たちで行い知ったことは、食育の学びになったと思います。
 

平成30年11月12日(月) 焼き芋の準備に 大忙し!


田んぼに穴を開けて焼き芋の準備  年少組もお手伝い
明日は、楽しみにしている焼き芋パーティーです。
子どもたちは、里山で枯れた杉の枝葉や木切れ、葉っぱなどを集めに行ったり、地域の人に教えてもらってシャベルで火種が飛ばないように田んぼに穴を掘ったり、また、落ち葉の焼き芋づくりの場をつくったりして準備に大忙しでした。
明日の焼き芋パーティーが楽しみのようで、年少組の子どもたちも焼き芋に使う木々を運ぶなど、お手伝いに一生懸命でした。
 

平成30年11月6日(火) たくさんの人参が収穫できて大喜び!


大きな人参だね たくさんの収穫ににっこり!

地域の方から人参の収穫のお誘いを受け、加太向井の人参畑まで、秋晴れのもと、片道2キロの道も平気で、ワクワクしながら出かけました。
畑の中から大きいオレンジ色した人参が、次から次へと出てくると子どもたちは、歓声をあげていました。
また、いろんな形の人参に笑ったり驚いたりしながら、土の中から出てくる人参が、子どもたちの想像をかきたてました。
人参の収穫だけでなく、ピーマンや里芋の収穫もさせていただき、楽しい時間を過ごしてきました。ありがとうございました。

 

 

お問い合わせ

子ども未来課 加太保育園
住所:〒519-1129 三重県亀山市加太板屋4620
TEL:0595-98-0134
FAX:0595-98-0134