このページの本文へ移動

国民健康保険税について

公開日 2014年11月23日

国民健康保険税は、次の方法により世帯単位で計算された額を、世帯主(※1)が納税義務者となり納めます。

※1 世帯主が国民健康保険に加入していないが、ご家族が加入している場合についても、世帯主が納税義務者になります。

1.算定の基準

国民健康保険の世帯の保険税は医療費分保険税、後期高齢者支援分保険税、介護分保険税の合計により算出します。

世帯の年間保険税額=(1)医療費保険税+(2)後期高齢者支援分保険税+(3)介護分保険税

算定の基準
  所得割  

均等割

(1人あたり)

 

平等割

(1世帯あたり)

 

世帯の年間保険税額

(100円未満切り捨て)

(1)

医療分

課税基準所得×6.5%  29,400円  21,600円

医療分保険税額

(上限額:58万円)

(2)

後期高齢者

支援分

課税基準所得×2.2%  10,800円  7,200円

後期高齢者支援分保険税

(上限額:19万円)

(3)

介護分

課税基準所得×1.7%  10,200円  4,800円

介護分保険税額

(上限額:16万円)

※2 所得割額 = 基準総所得金額 × 所得割料率
基準総所得金額とは、所得合計額から基礎控除額33万円を差し引いた額です。

※3特定世帯とは、同一世帯にいる国民健康保険の被保険者が後期高齢者医療制度に移行することにより、単身となる世帯をいいます。(後期高齢者医療制度に移行してから、5年間は世帯別平等割が半額に軽減されます。)

※4特定世帯移行後6〜8年目は、世帯別平等割額が3/4に軽減されます。

●上記の率、金額は、平成31年度の税率、課税限度額です。

※「平成31年度」は「令和元年度」に読み替えていただきますようにお願いします。

2.保険税の軽減

世帯主並びに当該世帯に属する被保険者及び特定同一世帯所属者(※4)の前年中の総所得金額が、次の表に該当するときは、保険税が軽減されます。

保険税軽減世帯と内容

保険税の軽減される世帯

軽減の内容

表組み
 前年中の総所得金額が33万円以下の世帯

均等割額と平等割額の7割が軽減されます

前年中の総所得金額が33万円+(被保険者及び特定同一世帯所属者の数×28万円)以下の世帯

均等割額と平等割額の5割が軽減されます

 前年中の総所得金額が33万円+
(被保険者及び特定同一世帯所属者の数×51万円)以下の世帯
 均等割額と平等割額の2割が軽減されます

※4 特定同一世帯所属者とは、国民健康保険の被保険者が後期高齢者医療制度に移行することにより資格喪失した者であって、継続して同一世帯に属するものをいいます。 (保険税の軽減を受けている世帯について、後期高齢者医療制度への移行により被保険者が減少しても、 従前と同様に軽減措置が受けられることができるよう講じる措置です。)

●所得を申告していないと、実際に軽減される世帯に該当しても、軽減が適用されないため、必ず申告をしてください。

3.保険税の減免

被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、当該被保険者であった方の被扶養者から新たに国民健康保険の被保険者になった65歳以上の方(旧被扶養者)が国民健康保険に加入する場合、当分の間、次の減免措置があります。

  1. 旧被扶養者に係る所得割額が当分の間、免除されます。
  2. 資格取得日の属する月以後2年を経過する月までの間に限り、旧被扶養者に係る被保険者均等割額が半額に、さらに被保険者が1人の場合には世帯別平等割額が半額になります。

4.保険税の特別徴収(年金からの天引き)

国民健康保険税は、従来、納付書又は口座振替の方法により納付していただいていましたが、平成20年度から、年金から天引きする特別徴収が開始されました。

(1)特別徴収の対象となる方

 国民健康保険に加入する65歳以上75歳未満の下記の条件をすべて満たす方は、世帯主の受給する年金から天引き(特別徴収)により国民健康保険税を納入していただきます。

  • 世帯主が国民健康保険に加入していること
  • 世帯主及び国民健康保険に加入している世帯員が65歳以上75歳未満であること
  • 世帯主の年金受給額が年額18万円以上であること
  • 介護保険料と国民健康保険税の合計金額が年金給付額の2分の1を超えていないこと 

(2)特別徴収の方法

納期は年6回(年金の支給月)で、仮徴収と本徴収があります。

特別徴収の月と方法

仮徴収

  本徴収

表組み

4月 

 6月

 8月

 10月

  12月

2月 

 

前年度の年間保険税額の6分の1の額をそれぞれ徴収します。
次年度以降は、2月に徴収した金額をそれぞれ徴収します。 

 

今年度の確定した保険税額から仮徴収分を
差し引いた額の3分の1の額をそれぞれ徴収します。

※特別徴収から口座振替に変更することができます。口座振替で納付をご希望の方はお申し出ください。

5.保険税の納期

国民健康保険は、被保険者の皆さんの保険税により運営されていますので、必ず納付期限までに保険税を納めましょう。 

納付期限

  第1期 7月31日   第2期 8月31日    第3期9月30日   第4期 10月31日   第5期 11月30日
  第6期 12月25日  第7期 1月31日    第8期 2月28日    第9期3月31日

※納期限が日曜日若しくは土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、これらの日の翌日をもって納期限とします。

 

お問い合わせ

市民課 国民健康保険グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5006
FAX:0595-82-1434