このページの本文へ移動

建築確認申請/建築基準法

公開日 2015年04月01日

亀山市の権限による建築関係事務の概要

当市は、平成26年4月1日から限定特定行政庁に移行し、下記の事務を亀山市で行っています。

亀山市建築主事の権限による事務

  • 建築物
     建築基準法第6条第1項第4号の建築物
     (都市計画区域内における、下記に該当する建築物)
    • 法別表第1の用途に供する特殊建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が200平方メートル(※)以下                                                                      ※ 令和元年6月25日より、100平方メートルから200平方メートルに建築基準法が改正されました。
    • 木造で階数が2以下かつ延べ面積が500平方メートル以下、高さが13メートル若しくは軒高9メートル以下
    • 木造以外で階数が1かつ延べ面積が200平方メートル以下
  • 工作物
     建築基準法施行令第138条第1項第1号、第3号、第5号に掲げる工作物のうち、下記規模に該当するもの
    • 煙突(高さが6メートルを超え10メートル以下)
    • 広告塔、広告板、装飾塔、記念塔ほか(高さが4メートルを超え10メートル以下)
    • 擁壁(高さが2メートルを超え3メートル以下)

亀山市長(限定特定行政庁)の権限による事務

  • 建築関係の事務
     上記亀山市建築主事の権限における建築物・工作物に関する下記の事務
    • 違反建築物に対する措置(法第9条)
    • 既存不適格建築物に関する措置(法第10条、第11条第1項)
    • 報告、検査等(法第12条)
    • その他
  • 道路関係の事務
    • 道路の位置の指定(法第42条第1項第5号)
    • 道の指定(法第42条第2項)
    • 敷地と道路との関係の建築認定(法第43条第2項第1号)※平成30年9月追加
    • 私道の変更又は廃止の制限(法第45条)
    • その他

建築確認申請などの手続きについて

  • 手数料の金額(亀山市取扱い分)
    下記の金額を窓口で現金納付してください。

◎建築物

  表組み
建築物の床面積の合計

確認申請手数料

(1申請あたり)

完了検査申請手数料

(1申請あたり)

 30平方メートル以内  8,000円  17,000円
 30平方メートル超 100平方メートル以内  19,000円  22,000円
 100平方メートル超 200平方メートル以内  41,000円  36,000円
 200平方メートル超 500平方メートル以内  63,000円  51,000円
 500平方メートル超 1,000平方メートル以内  107,000円  67,000円
 1,000平方メートル超 2,000平方メートル以内  155,000円  95,000円
 2,000平方メートル超 10,000平方メートル以内  231,000円  171,000円
 10,000平方メートル超 50,000平方メートル以内  341,000円  244,000円
 50,000平方メートル超  610,000円  449,000円

床面積の算定方法

  1. 建築物を建築する場合(同一敷地内に移転する場合を除く。)
    当該建築に係る部分の床面積
  2. 確認を受けた建築物の計画を変更して建築する場合(移転する場合を除く。)
    当該計画の変更に係る部分の床面積の2分の1(床面積の増加する部分にあっては、当該増加する部分)
  3. 建築物を同一敷地内に移転する場合
    当該移転に係る部分の床面積の2分の1
  4. 確認を受けた建築物の計画を変更して移転する場合
    当該計画の変更に係る部分の床面積の2分の1


◎工作物

  表組み
-

 確認申請手数料

(1申請あたり)

完了検査申請手数料

(1申請あたり)

工作物を築造する場合  17,000円  29,000円

 確認を受けた工作物の計画を変更して築造する場合

 7,000円


◎許認可等

  表組み
 条項 許可、認定等の内容 申請手数料

 法第43条第2項第1号

※平成30年9月追加

 建築物の敷地と道路との関係の建築認定

 27,000円

 法第85条第5項  仮設建築物の許可  120,000円
 法第86条第1項

 一団地内に建築される1又は2以上の建築物の特例認定

建築物の数≦2  78,000円
建築物の数≧3

 78,000円

 +28,000円

 ×(建築物の数−2)

 法第86条第2項

既存建築物を前提とした

総合的設計による建築物の特例認定

既存建築物を除く建築物の数=1

 78,000円

既存建築物を除く建築物の数≧2

 78,000円

 +28,000円

 ×(建築物の数−1)

 法第86条の2第1項

一敷地内認定建築物以外の建築物の建築認定

 一敷地内認定建築物を除く建築物の数=1

 78,000円

 一敷地内認定建築物を除く建築物の数≧2

 78,000円

 +28,000円

 ×(建築物の数−1)

 法第86条の5第1項  一の敷地とみなすこと等の認定の取消し

 6,400円

 +12,000円

 ×現に存する建築物の数

 法第86条の6第2項

総合的設計による一団地の住宅施設に関する制限の特例認定

 27,000円
 法第86条の8第1項

既存の一の建築物を段階的に増築等を含む工事を行う場合の制限の緩和に係る認定

 27,000円
法第86条の8第3項 既存の一の建築物を段階的に増築等を含む工事等を行う場合の制限の緩和に係る認定の変更  27,000円
法第87条の2第1項 既存の一の建築物を段階的に用途の変更に伴う工事を行う場合の制限の緩和に係る認定  27,000円
法第87条の3第5項

建築物の用途を変更して一時的に興行場として使用する場合の制限の緩和に係る許可

 120,000円
 

各種申請及び各種届出の書式

  
 

建築確認申請に関する参考資料について

      パンフレット[PDF:296KB] 

      チェックリスト[PDF:133KB] 

 

比較的審査が容易な構造計算(ルート2)の構造計算適合判定について

平成26年6月4日に建築基準法が改正され、平成27年6月1日に施行された内容により、比較的審査が容易な構造計算(ルート2)について、構造計算に関する高度の専門知識及び技術を有する建築主事等(ルート2主事)が

確認審査を行う場合には、構造計算適合性判定の対象外となりました。なお、亀山市ではルート2主事による審査は実施していません。

 

建築基準法第42条第1項第5号の規定による道路位置の指定の手続きについて

建築物を建てる際には、建築基準法第42条各号に規定する「道路」に接していなければなりません。

その道路に認められるものの一つとして位置指定道路があります。位置指定道路とは、一定の基準に適合する道で特定行政庁により位置の指定を受けたものです。

亀山市道路位置の指定の手引き[PDF:311KB]※平成30年9月改正

 

建築確認台帳記載事項証明書について

建築基準法第12条第8項の規定による台帳の記載事項のうち、建築確認台帳に記載されていることを証明するものです。不動産の売買、住宅ローンの借り換えなどで、金融機関などから建築確認済であることの証明を求められることがあります。申請の際には、お調べの建物の建築確認年月日及び確認番号について事前にお調べいただくか、あらかじめ、お問い合わせいただきますと待ち時間の短縮となります。

なお、建築基準法第6条第1項第4号に規定する建築物以外については、三重県(四日市建設事務所)での手続きとなります。

 

注意事項

  • 検査済証の交付が確認できるものについて、交付するものとします。
  • 台帳の記載状況により、証明書に記載できない場合があります。
  • 建築物を特定するため、登記簿謄本や評価証明などで、建物の建築場所、建築年、建築主氏名、構造等できるだけ多くの情報をお伝えください。
  • この証明は、現存する建築物についての権利関係や現在の建築基準関係規定に適合していることを直接証明するものではありません。

 

必要書類

 

手数料

 1通につき300円

 

受付時間

 8時30分~17時15分

 

建築物の手続きに関する相談について

建築物の手続きに関する相談につきましては、当グループにてお受けします。下記の問い合わせ先にご相談ください。

また、建築物を新築等する場合の相談先は多岐に渡るため、関係協議先一覧[PDF:161KB]も参考にしてください。 

 

ブロック塀等の安全点検について

 こちら(別ウインドが開きます)のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

都市整備課 建築開発グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5088
FAX:0595-82-9669

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード