このページの本文へ移動

活動情報H23-5-1

公開日 2014年11月23日

 先月植え付けを終えた自然薯(じねんじょ)ですが、そろそろ地面のうえに顔を出し始めました。
 これからどんどんつるを伸ばしていきます。
 そこで、つるを這わせるためのネットを2日がかりで作りました。夏になると大きな緑のカーテンになるそうです。
 では、つる用ネットづくりの1日目の様子です。

 

 

 01

 

 草除け、乾燥対策、温度管理のためにカバーがかけてあります。

 

 02

 

 地面のうえに顔を出しました!

 

 03

 

 ネットを掛ける骨組みづくりのためのポールを運びます。

 

 04

 

 ポールを曲げてアーチ状にします。

 

 05

 

 2本のポールを・・・

 

 06

 

 つなげます。

 

 07

 

 どんどん作ります。

 08

 

 ポールを支える支柱を立てます。

 09

 

 これなんだ!?

 10

 

 こうやって使います!しっかり打ちつけます。

 11

 

 支柱もたくさん必要です。

 12

 

 次はこれ!何かな?

 13

 

  

使い方は同じです。

 14

 

 支柱にしっかりくくり付けます。

 15

 

 倒れないように筋交いを入れます。

 16

 

 風に負けないように!

 17

 

 ようやくネットの登場です!

 18

 

 下にもポールを差し込んでネットを固定します。

 19

 

 支柱とあわせて固定します。
 20  アーチの横にもポールを入れます。
 21  骨組みがほとんど完成しました!今日の作業はここまで。

お問い合わせ

産業振興課 農業グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5082
FAX:0595-82-9669