このページの本文へ移動

麻しん(はしか)発生について

公開日 2019年02月24日

三重県薬務感染症対策課から「麻しん(はしか)発生に係る注意喚起」が出されていますので、詳細は下記をご覧ください。

県民のみなさまへ[PDF:158KB]

 

また、亀山市での麻しん(はしか)患者発生について、三重県の公表が続いています。
麻しんが疑われる症状(高熱、咳、鼻汁、めやに、発疹など)が出現した場合は、早めに医療機関を受診してください。
受診の際には、必ず事前に医療機関に電話で麻しんの疑いがあることを連絡して指示に従ってください。
 

麻しん(はしか)患者の発生や今後の動向については三重県ホームページをご覧ください。

麻しん(はしか)患者の発生について(三重県ホームページ)

 

麻しんは感染力が強く、麻しんに対する免疫を持っていない人が、麻しんに感染している人に接するとほぼ100%感染するといわれており注意が必要です。

空気感染するため、手洗い・マスクのみでは予防できません。予防接種が最も効果的な予防法です。

定期予防接種の対象者で接種がまだのお子さんは、早めに受けるようにしましょう。

 【第1期】満1歳~2歳未満
 【第2期】小学校就学前の1年間にある人(いわゆる年長児)・・・平成30年度の対象者:平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれの人

 ※定期接種の対象でない場合は、任意接種(有料)となります。また、妊娠されている方は接種ができませんのでご注意ください。

 

麻しんについて(厚生労働省ホームページ)

 

お問い合わせ

長寿健康課 健康づくりグループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3316
FAX:0595-82-8180

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード