このページの本文へ移動

障がいにかかる公費医療負担

公開日 2018年07月13日

自立支援医療制度は、心身の障がいを除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する制度で、更生医療、育成医療、精神通院医療の3つに大別されます。その対象となる方は医療費の1割を支払いますが、所得に応じて上限が決められていて、負担が重くなりすぎないようになっています。申請には都道府県が指定した指定医療機関の診断書が必要です。医療の内容は、各医療タイトルから詳細をご覧ください。

 

病院更生医療

障がいを除去・軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できるものに対して提供される、更生のために必要な医療費

病院育成医療

身体障がいを除去、軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できる者に対して提供される、生活の能力を得るために必要な医療費

病院精神通院医療

精神医療を継続的に要する病状にある者に対して、精神疾患の治療の通院による自己負担を軽減する医療費

 

お問い合わせ

地域福祉課 障がい者支援グループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3313
FAX:0595-82-8180