亀山市ホーム

このページの本文へ移動

「100年フード宣言」および「食文化ミュージアム」の公募について【文化庁からのお知らせ】

公開日 2021年10月22日

更新日 2021年10月22日

「100年フード宣言」および「食文化ミュージアム」の公募について 、文化庁よりお知らせがありました。
詳細は、文化庁ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

100年フード宣言

事業の概要

 我が国には、豊かな自然風土や歴史に根差した多様な食文化が存在しており、文化庁では、その中で特に歴史性のあるものを文化財として登録する取り組みを進めています。
 一方で、全国各地には、比較的新しいものであることなどを理由に文化財として登録されていない食文化であっても、世代を超えて受け継がれ、長く地域で愛されてきたものが多く存在しています。
   本事業では、そのような食文化を「100年フード」と名付けるとともに、地域の関係者や地方自治体が100年続く食文化として継承することを宣言する「100年フード宣言」の取り組みを推進していきます。

認定基準(以下のすべてを満たすこと)

  1. 地域の風土や歴史・風習の中で個性を活かしながら創意工夫され、育まれてきた地域特有の食文化
  2. 地域において、世代を超えて受け継がれ、食されてきた食文化
  3. 地域の誇りとして100年を超えて継承することを宣言する団体が存在する食文化

募集団体

地方自治体、協議会、食関連団体、観光協会・DMO、民間団体等
※個人からの応募は受け付けない。
※1団体1件の応募であること。

募集部門

  1. 伝統の100年フード部門 ~江戸時代から続く郷土の料理~
  2. 近代の100年フード部門 ~明治・大正に生み出された食文化~
  3. 未来の100年フード部門 ~目指せ、100年!~

食文化ミュージアム

事業の概要

  我が国には、地域ごとの特色のある食や受け継がれてきた食の技術など、多様な食文化が存在します。
  本事業では、そのような食文化に関する学びや体験の提供に取り組む博物館、道の駅、食の体験・情報発信施設などの施設に関する情報を集約し、ウェブ上の仮想のミュージアムである「食文化ミュージアム」において一体的に発信します。 

認定基準(1または2のいずれかを満たし、かつ、3を満たす施設であること)

  1. 地域に根差した食文化または特定分野の食文化を体系的に発信する施設
  2. 食文化への学びや体験を提供する施設
  3. 一般に公開され、広く一般の利用が可能な施設

主な対象施設

  1. 博物館
  2. 道の駅
  3. 食の体験・情報発信施設 等

募集期間

令和3年10月18日(月曜日)~12月17日(金曜日)

応募方法

次のホームページよりダウンロードしてください。

文化庁ホームページ(食文化にあふれる国・日本)

問い合わせ先

100年フードに関するお問い合わせ

100年フード事務局
Eメール:100nenfood@foodculture.jp

食文化ミュージアムに関するお問い合わせ

食文化ミュージアム事務局
Eメール:museum@foodculture.jp


 

 
 

お問い合わせ

生活文化部 文化スポーツ課 文化共生グループ
住所:〒519-1192 三重県亀山市関町木崎919番地1
TEL:0595-96-1223
FAX:0595-96-2414