このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う保育所等の登園自粛期間における保育利用の取扱いについて

公開日 2020年05月19日

保育所等の登園自粛期間における保育利用の取扱いについては、次のとおりとなります。

1. 育児休業の復帰時期を延長して登園自粛にご協力いただいている場合 

 新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、育児休業の復帰予定が延長された場合は、その期間における在園資格の取消しは行わないものとします。

  • この取扱いにより育児休業の復帰時期を延長する場合は、あらかじめ、新しい復帰日が記載された『在職(予定)証明書』を利用施設または子ども未来課(総合保健福祉センター「あいあい」6番窓口)へ提出する必要があります。
     
  • この取扱いは、現時点では6月末までに復帰する方を対象としていますが、登園自粛の期間が延長された場合は、それに合わせて期間を考慮する予定です。

 ※ 職場の都合等により『在職(予定)証明書』の取得が困難な場合は当課までご連絡ください。

2. 求職活動を理由に保育を利用されている場合

 新型コロナウイルス感染症の影響により求職活動が困難になっている状況を考慮し、登園自粛を要請した期間の分だけ求職活動を理由とした保育の利用期間を延長することとします。

  • 利用期間の延長は希望者のみを対象とします。
     
  • 利用期間の延長を希望する場合は、『各種変更届』に延長したい期間(ただし、現時点では最長2か月間)を記入し利用施設または子ども未来課へご提出ください。

3. 就労の時間・日数が極端に少なくなった場合

 新型コロナウイルス感染症の影響により現に提出いただいている在職証明書の就労時間・日数と実態が極端に異なっていたとしても、自粛期間においては在園資格に影響を及ぼさないものとします。

 ただし、家庭での保育が可能な場合は登園を自粛いただきますようお願いいたします。

4. その他家庭での保育ができない理由(支給認定事由)に変更がある場合

 新型コロナウイルス感染症に関係なく、支給認定事由に変更がある場合は、『各種変更届』及び家庭での保育ができない理由を示した書面を利用施設または子ども未来課へご提出ください。

 なお、支給認定事由を求職活動に変更する場合は、登園自粛の要請期間に限り、希望により上記「2 求職活動を理由に保育を利用されている場合」の適用を受けることができます。

 

※関連サイト:新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う保育所等の登園の自粛の延長について(要請)

お問い合わせ

健康福祉部 子ども未来課 子ども総務グループ
住所:〒519-0164 三重県亀山市羽若町545
TEL:0595-84-3315
FAX:0595-82-8180