このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪等にご注意ください

公開日 2020年05月14日

特別定額給付金に関して

全国で特別定額給付金の給付を装った不審な電話やメール等が確認されています。
「個人情報」、「通帳、キャッシュカード」、「暗証番号」の搾取にご注意ください。
三重県警察本部 安全安心ニュース[PDF:153KB]

特別定額給付金に関する被害防止について

  • 市や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にありません。
  • 市や総務省などが特別定額給付金の給付のために手数料の振込みを求めることは絶対にありません。
  • 市や総務省などが市民の皆さんの世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問い合わせすることは絶対にありません。

相談先

亀山警察署 電話 0595-82-0110
警察相談専用電話 電話 #9110
新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン 電話 0120-213-188
鈴鹿亀山消費生活センター 電話 059-375-7611

 

新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールに関して

新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールが出回っていますのでご注意ください。詳細は、情報処理推進機構(IPA)による注意喚起をご参照ください。

新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールの例(情報処理推進機構 IPAホームページ)

また、国立感染症研究所に類似した機関による新型コロナウイルス感染症の注意喚起を装うメールも出回っていますのでご注意ください。詳細は、国立感染症研究所による注意喚起をご参照ください。

国立感染症研究所に類似した機関による新型コロナウイルス感染症の注意喚起を装う攻撃メールの例(国立感染症研究所ホームページ)

 

子どもたちの安全に関して

臨時休校期間が延長となりました。子どもたちの安全を守るため、各ご家庭での防犯対策の徹底をお願いします。

インターネット利用に関する被害防止について

パソコンや携帯電話でSNSを利用したやりとりが増えています。面識のない人とのやりとりにはより注意しましょう。

留守番中の被害防止について

他県では子どもの留守番中に泥棒が侵入し、鉢合わせになる事例が発生しています。
子どもだけで留守番する際は、ドアを開けない、2階の窓も施錠する、留守番電話に設定しておくなどの徹底をお願いします。

相談先

亀山警察署 電話 0595-82-0110

 

厚生労働省を装った詐欺に関して

厚生労働省を装った者から「検査費用を肩代わりするので、検査を受けるように言われた」、「個人情報を聞き出そうとされた」という相談が、厚生労働省に多く寄せられています。
厚生労働省では、ご家庭にそのような連絡をすることはありませんので、ご注意ください。

相談先

鈴鹿亀山消費生活センター 電話 059-375-7611

 

その他

新型コロナウイルス感染症に関する消費者トラブルについては、独立行政法人国民生活センターのウェブサイトで確認できます。

 

お問い合わせ

防災安全グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5035
FAX:0595-82-9955
市民協働グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5008
FAX:0595-82-1434

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード