このページの本文へ移動

亀山市総合環境センター溶融施設長寿命化計画

公開日 2017年03月29日

 平成12年4月に稼働し、建設後12年が経過した亀山市総合環境センター溶融施設について、平成22年3月に環境省から提示された「廃棄物処理施設長寿命化計画作成の手引き」に基づき長寿命化計画書を作成しました。

 長寿命化計画は、下記の施設保全計画と延命化計画で構成されています。  

施設保全計画

日常・定期的に行う整備保全計画で、設備・機器における保全方式、整備項目、管理基準及び整備スケジュールを定めて、設備・機器の更新周期の延伸を図る計画

延命化計画

施設保全計画のみでは対処できない性能低下対策として行う基幹設備・機器の更新計画

 

 計画の策定にあたっては、これまでの整備計画・管理手法や整備履歴に加え、設備・機器の稼働状況や劣化状況の調査を目的として実施した設備診断の結果を反映しました。また、延命化計画は単純更新による延命化だけでなく、発電能力の向上や省エネルギー等のCO2削減に資する機能改善や新規技術を織り込んだ更新計画とし、併せてその効果を評価しました。

亀山市総合環境センター溶融施設 長寿命化計画書[PDF:1MB]

  

お問い合わせ

環境課 廃棄物対策グループ
住所:〒519-0166 三重県亀山市布気町442
TEL:0595-82-8081
FAX:0595-82-4435

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード