このページの本文へ移動

亀山市道路環境美化ボランティア推進事業実施要綱

公開日 2014年11月23日

アダプトプログラム(里親制度)とは

1985年に米国テキサス州運輸局が、ハイウェイの散乱ゴミの清掃費を削減するために市民に協力を呼びかけたことがきっかけで始まりました。

アダプト(adopt)とは英語で「養子にする」という意味で、アダプトプログラム(adopt program)は「里親制度」と訳されています。

具体的には、ボランティアとなる市民が里親となり、道路や公園等の公共施設を養子とみなして我が子のように面倒み(美化・清掃活動を行い)、これを市がサポートするボランティア制度です。

亀山市では、平成19年4月1日より公園及び緑地に、この制度を導入しております。

道路については、亀山市道路環境美化ボランティア推進事業実施要綱として平成24年4月1日に制定いたしました。

アダプトプログラムに参加するにあたって

  • 環境美化活動を行う活動区域を決定します。 
    →里親には2人以上の参加が必要です
  • 市民と行政のアダプト合意
    →里親と行政の役割分担を明示した合意書を取り交わします
  • 市民と行政のパートナーシップ
    里親に対して、活動に必要な清掃用具等の支給及び貸与、ボランティア活動保険の加入など 環境美化活動のサポートを行います
  • 活動看板の設置
    10名以上で参加しているグループは、希望により環境美化を促す啓発看板を設置します

申し込み

  表組み
亀山市道路環境美化ボランティア推進事業実施要綱 要綱[PDF:92KB]
各種申請書類

PDF様式[PDF:191KB]

Word様式[DOC:78KB]

お問い合わせ

土木課 施設保全グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5041
FAX:0595-82-9669

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード