このページの本文へ移動

亀山市歴史的風致維持向上計画

公開日 2016年08月17日

亀山市歴史的風致維持向上計画の認定について

平成21年1月19日、「亀山市歴史的風致維持向上計画」(平成20年12月3日策定)が、「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(通称:「歴史まちづくり法」)に基づく認定を受けました。

これは法施行後の第1回認定であり、当市の他、全国では金沢市(石川県)、高山市(岐阜県)、萩市(山口県)、彦根市(滋賀県)の4市が認定されています。

「亀山市歴史的風致維持向上計画」の概要

  1. 亀山市の維持及び向上すべき歴史的風致
    東海道53次関宿の歴史的町並み(重伝建)を背景として行われる「関の山車」(市指定有形・無形民俗文化財)の祭り、「旧亀山城多聞櫓」(県指定史跡)などがある旧亀山城内において伝承される「亀山藩御流儀心形刀流武芸形」(県無形文化財)、坂下宿から鈴鹿峠にいたる峠道で伝承される「正調鈴鹿馬子唄」(市指定無形民俗文化財)や「坂下獅子舞」(市指定無形民俗文化財)などが一体となって形づくっている、市内の東海道沿道の特色ある風情としました。
  2. 重点区域の位置及び区域
    亀山市の歴史的風致の維持・向上を図るため、重点的かつ一体的に施策を推進する区域である重点区域は、重要伝統的建造物群保存地区に選定される亀山市関宿伝統的建造物群保存地区を中心として、亀山宿・亀山城周辺地域、坂下宿を含む、亀山市域の東海道沿道約19.5キロメートル、面積約500ヘクタールとしました。
  3. 計画期間
    平成20年度から平成32年度まで(13ヵ年)
  4. 今後実施する事業等
    亀山市の歴史的風致の維持及び向上を図るため、重点区域内において、旧亀山城多聞櫓・旧舘家住宅・亀山藩主石川家家老加藤家屋敷跡などの文化財の復原整備、東海道沿道や亀山公園を含む旧亀山城周辺の歴史的環境の整備、関宿や東海道沿道における市民・散策者の休養・案内・交流施設の整備等を一体的・重点的に実施するとともに、景観計画の策定 など景観形成に関する諸施策による歴史的景観の保護を進めます。

亀山市の維持向上すべき歴史的風致

重点区域における施策・事業概要

(平成31年3月)亀山市歴史的風致維持向上計画[PDF:16MB]

「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(通称:「歴史まちづくり法」)とは

この法律は、地域の歴史的な風情、情緒を活かしたまちづくりを支援するため、平成20年5月23日に公布され、同年11月4日に施行されました。

本法律においては、「地域固有の歴史及び伝統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境」を「歴史的風致」と定義し、これを維持・向上するために市町村が策定した「歴史的風致維持向上計画」を国が認定し、認定計画に記載された事業等を、国が重点的に支援することになっています。

国土交通省ホームページ(歴史まちづくり)

文化庁ホームページ(歴史まちづくり)

農林水産省ホームページ(歴史まちづくり)

亀山市歴史的風致維持向上計画の進行管理・評価について

亀山市歴史的風致維持向上計画の進行状況と、これに基づく事業の評価を公表しています。

事業進行管理・総括評価シート【平成30年度】[PDF:5MB]

関連情報リンク

お問い合わせ

都市整備課 都市計画グループ
住所:〒519-0195 三重県亀山市本丸町577
TEL:0595-84-5046
FAX:0595-82-9669
文化スポーツ課 まちなみ文化財グループ
住所:〒519-1192 三重県亀山市関町木崎919-1
TEL:0595-96-1218
FAX:0595-96-2414

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード