このページの本文へ移動

亀山市教育委員会

青少年総合支援センター

公開日 2016年01月22日

最終更新日 2016年06月07日

青少年の安心・安全

 センターでは、青少年に関するさまざまな課題を総合的に調整し、その活動を推進する組織です。

 青少年の生活実態を把握しつつ、健全な育成を図ることを目的として、主にパトロールと自立支援を行っています。

 青色回転灯を点灯したパトロール車により昼夜間2班体制による巡回を行い、学校、関係機関、団体、地域住民との連携を密によって、青少年が生活するための安全・安心なまちづくりに努めています。      

 ○青少年総合支援センター補導員については、こちらをご覧ください。

 青少年総合支援センター補導員PRチラシ[PDF:359KB]

 

青少年の自立支援

 センターでは、引きこもりやニート、不登校など外に出られない、社会とうまく馴染めないなどの問題や、不安を抱えている、自信がない、他人とうまく関われないなど心の問題を抱えた青少年やそのご家族の支援を行っています。

 専門の資格を持った支援員が、メンタル面のケアを中心に長期的に「生きる力」を付けて就学や就労などにつなげる多方向に渡るサポートを行っています。

 ○青少年総合支援センター支援員については、こちらをご覧ください。

  青少年総合支援センター支援員PRチラシ[PDF:2MB]

 

お知らせ

 青少年総合支援センターについては、毎年活動報告と活動計画をまとめた冊子「あすをになう」を発行しています。

 詳しくは、下記をご覧ください。

H28 あすをになう ~青少年のために~[PDF:1019KB]

 
 
 

「若者就業サポートステーション・みえ」の出張相談

 若者の就労による自立に向けた出張相談を無料で行っています。

 働いていない期間が長かったり、働きたいけど働くことに不安を感じている人やその家族の話をお聞きして、就労に向けて踏み出すお手伝いをします。

表組み

 相談日

 毎月第1金曜日(年始を除く)

相談時間

 13:00~17:00

 相談場所

 青少年研修センター1階 ふれあい教室(亀山市若山町7番10号)

 申込先

 「若者就業サポートステーション・みえ」

 059-271ー9333(電話・FAX)

 ※事前に申込が必要です。

 対象者

 就労を希望している39歳くらいまでの人またはその家族

※仕事の紹介は行っていません。

 

亀山市事務事業点検制度「ザ・点検~亀山モデル~」の結果より

 平成27年度に「ザ・点検~亀山モデル~」いわゆる事業仕分により、結果としては、パトロール事業の重要性に対しては誰も異論がないものの、当該事業を「生涯学習室が主体として行うべき事業か」といった点に多くの疑問があったことから不要の判定をいただきました。

 今後は、この結果を受けて、青少年の居場所づくりに力を注ぐべきという点からも、NPOや、自主防犯も含めて、センターのあり方、何をどこが担うのかを再構築する必要があると考えております。

 したがいまして、直ちに現在のパトロールを中止するものではなく、パトロールや地域で収集したデータをもとに今後の方向性について位置づけて、地域の青少年の安心安全をどのように進めていくかの合意が作られるまでは引き続きパトロール業務を行ってまいります。

 

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習室
住所:〒519-0195 亀山市本丸町577番地
TEL:0595-84-5057
FAX:0595-82-6161

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード