このページの本文へ移動

市民アンケート

公開日 2014年12月28日

亀山市議会に関する市民意識調査

【調査の目的】

 亀山市議会では、地方自治法に定められた議決機関としてのチェック機能を果たしながら、開かれた議論を尽くし、よりよいまちづくりを進めてきました。
 地方分権が進む中で、市長と議会の「二元代表制」の意義が問われ、議会の機能強化が求められています。このような状況の中、平成22年6月に「亀山市議会基本条例」を制定し、議会・議員の役割・責務、開かれた議会、議員定数や報酬、議会機能強化などを規定しています。今後更なる「議会の見える化」の推進に向け、市民の皆さまの市議会に対するご意見等を調査し、議会改革の資料とするとともに、市民の意見を改革に反映していきます。

【概要】

  • 調査区域 亀山市全域
  • 調査対象 市内の20歳以上の市民から無作為に抽出した1,000人
  • 調査期間 平成26年7月29日から8月18日
  • 回答率 36.0%(360人)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード