このページの本文へ移動

正副議長のあいさつ

公開日 2014年12月28日

 このたび、議員各位のご推挙により、議長ならびに副議長に就任いたしました。市議会の代表としまして、その重責を感じつつ、これから1年間それぞれの職務に邁進していく覚悟でございます。

 さて、本市では、平成29年度から第2次亀山市総合計画がスタートしたところですが、亀山駅前再開発や新庁舎建設などをはじめとする、市の発展を大きく左右する事業などが盛り込まれており、市の将来にとって大変重要な過渡期に直面しています。
 このような状況の中において、二元代表制の一翼を担う地方議会の役割はより一層重要になってきております。市民全体の代表である議会としての使命は、亀山市の未来と市民のための議論を、多角的な視点から十分かつ活発に行い、よりよい市政につながる政策提言をしていくことです。そのために、議会は、市長との距離を一定に保ち、本市の将来をしっかり見据え、その政策や事業が本当に市民に必要であるのかを見極めていくことが重要です。さらに、行政への監視機関としてのチェック機能をしっかりと果たし、市民の皆様の声が反映され、より関心をもっていただける、わかりやすい市政を目指し、今後も取り組んでいく姿勢が必要です。

 市議会では、これまで、議会基本条例に基づき議会改革に取り組み、その議会活動については、市議会だよりや議会報告番組等を通じて、積極的に情報発信をしてまいりました。しかしながら、その内容が市民の皆様に十分に伝わっていないのが現状です。そうしたことからも今後は、議会活動をより身近に感じていただけるような努力を行うとともに、皆様からのご意見を拝聴し、皆様に必要とされる議会の実現を目指し、活動してまいりたいと考えております。

 市民の皆様におきましては、市議会活動へ厳しい目を向けていただくとともに、ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

議 長 西川 憲行 副議長   岡本 公秀
議長 西川 憲行 副議長   岡本 公秀